スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プライベート記事 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
こんな話ばかりでごめんなさい 
父の死をブログのネタばかりにする悪い娘です。。。。

でも、私の今の心のほぼ全てを占領するのは、父のこと。
もし、このブログがずっと残るものならば、
「あのとき、私はどんな風に思っていたのか・・・・」
あとから思い返せるように、残しておくのも
父への供養になるんじゃないか・・・
そう思って、思ったことを残しておきたいと思っています。


父の死から10日あまりたったこの週末。
葬儀の司会者から、お花が届きました。
「別の通夜があって、家にお邪魔できなくて残念です」

葬儀の司会進行をした全ての遺族に送っているとは思えません。
おそらくポケットマネーでしょう。
彼女にとって父の葬儀は「仕事」ではなかった・・・という証拠
なんじゃないか・・・と。

母の体調を気遣うメッセージには、涙がでました。




遠くアメリカから、エアメールが届きました。
彼女の律儀な性格がにじみでる丁寧な文字 
ひともじひともじが心に染み渡ります。
「あなたは 大好きなお父さんのご自慢の娘。
 愛しくてかわいい かけがえのない宝物。
 それはずーーーっと続きます」

思わず、手紙を抱きしめました。


たった一度しか会ったことのない
友達の友達。
私への連絡手段といえば、インターネットだけ。
その唯一の手段を使って、
「家族みんなが元気で幸せでいることが
 何よりの供養です」と、元気をくれました。
お礼をじかに言いたいのに、その返信がインターネット
だってのが、もどかしい・・・。




こうした周りの人の温かさがあって、
私は生きているのだと・・・・
そう気づかされ、
そういう人に私もなりたいと、
本当にそう思うのです。
・・・くっ 
やさしい言葉とかかけられると、
泣きそうになる。


何も言わずに抱きしめて、
背中をぽんぽんしてくれた彼女。

奥歯でほっぺを噛まなかったら
その場で泣いてたかも。


こういうときに、
色んなことがわかる。
本当に。
 
たったひとりの父が旅立ちました。
医師から余命を宣告されてからは覚悟を決めていたものの、いざその時がくると
寂しさがつのります。

私の自宅からは病院が遠かったので、死に目にあえないかもしれない・・・と思っていました。
でも、息を引き取るまさにその瞬間を私も妹も母も立ち会うことができ、父に感謝しています。
父をひとりでは逝かせたくないという私たち家族の思いと、
父の家族への思いの深さが重なったのだ・・・と信じています。


妹が
「お父さんの娘でよかったよ。ありがとう」と言ったとき、すでに亡くなっていた父の目から
すーーーっと涙が流れました。
この光景は一生忘れることができないと思います。
もちろん、私も父の娘であることに感謝しています。ありがとう。



生前 花や木を育てることがなにより好きだった父のため
祭壇に飾られた父の笑顔の横には、私たち家族ができる限りのたくさんの花を飾りました。
それが私たち家族にできる最後のことでしたが、悔いなく送ってあげることができました。


葬儀を司会進行してくれるプロの司会者の方、この方の亡くなったお父さんの命日とまったく同じ日に
亡くなった父。「亡くなった父を思い出してしまう・・・」と、本来冷静に式をすすめるはずの
彼女は、ときおり涙を流しながらつとめてくれました。
仕事・・・というより、自分の家族のように大切に思いながら通夜と告別式の2日間を進めてくれた彼女。
そんな彼女に出会わせてくれた・・・こうした偶然も、もしかしたら誰にでもやさしかった父の徳なのか・・・と父への思いを深くしました。





私たち家族の「路(みち)」は、いつも父につながっています。
父の墓石には「路」という文字を刻むつもりです。

不可能を可能に 
T○SHIBAさんのノートブックPCのCM。
上手い言葉遊びだなぁ・・・と、その発想に拍手。
http://dynabook.com/pc/index_j.htm
(動画がみつからなかったので、URLを・・・)


ん?文法的に合っとるのか??と疑問に思っていろいろと調べるうちに、この言葉遊びには引用している詩があることを発見。全文を載せると・・・。

「I'm Possible」


I asked God to take away my habit.
God said, No. It is not for me to take away, but for you to give it up.

I asked God to make my handicapped child whole.
God said, No. His spirit is whole, his body is only temporary.

I asked God to grant me patience.
God said, No. Patience is a byproduct of tribulations; it isn't granted, it is learned.

I asked God to give me happiness.
God said, No. I give you blessings; Happiness is up to you.

I asked God to spare me pain.
God said, No. Suffering draws you apart from worldly cares and brings you closer to me.

I asked God to make my spirit grow.
God said, No. You must grow on your own! But I will prune you to make you fruitful.

I asked God for all things that I might enjoy life.
God said, No. I will give you life, so that you may enjoy all things.

I ask God to help me love others, as much as He loves me.
God said, Ahhhh, finally you have the idea.

To the world you might be one person, but to one person you just might be the world.
Even the word IMPOSSIBLE says I'M POSSIBLE!

~ Author Unknown



ん~。いい詩かも。
特に、私はここの文が好き。
I asked God to give me happiness.
God said, No. I give you blessings; Happiness is up to you.



日本代表も「不可能」と言われた決勝リーグ進出を「可能」にしたんだし、
私も毎日を前向きに頑張るぞ。
シアワセは私次第・・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。