スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとツリーを出しました 
cw20071129b.jpg


アメリカでもサンクスギビングが過ぎるとクリスマスシーズン真っ只中になります。同じように日本も街中はすっかりクリスマス色でいっぱいです。
我が家でもやっとツリーに飾りつけが終わりました。
「ブルーとシルバーとガラス(透明色)しか、飾りには使わない」という断固としたポリシーのもと作ったツリーです。なぜか、遠くアメリカの地に住むきりりちゃんも同じようなツリーを作っていたのを去年知りました。好みが似ているのかもしれません。
「来年は、浦和レッズカラーのツリーにしようかな・・・」って旦那に言ったら、「飾りを全取替えするってこと??」とビビられました。180cmのツリーなので飾りの数も多いので、全部取り替えるとなるとかなり費用がかかるかもしれません。。。。要検討ですな。


会社帰りに浦和のパルコに寄ったので、友人からふわふわでおいしいと勧められたチーズケーキを買い求めました。
cw20071129.jpg


「銀のぶどう」というお店の「かご盛り 白らら(しらら)」です。フレッシュチーズを自然に水切りして作ったというこのチーズケーキ。本当にチーズの香りがしてふっわふわです。
cw20071129a.jpg

スプーンですくっていただきます。なんか寄せ豆腐みたいですなぁ。

同じお店においてあった「栗金時」っていうお菓子も、本当においしそうでした。(この栗金時はまねき猫さんのブログでも紹介されてました。そのうちお買い上げ~♪する予定です)

クリスマスケーキもあちこちのお店で紹介されていて、本当に迷います・・・・・。

スポンサーサイト
戦利品♪ 
本日、実は結婚記念日でした。お互い会社を休んでどこかへ遊びに行くか・・・と言っていたので休みを取ったのに、『明日休めなくなった・・・しーません』などと誰かさんが言うので、なぜか1人で家にいる羽目に・・・。
折角休みを取ったので・・・ということで、前々から気にはしていた「さいたまスーパーアリーナ 骨董アンティークフェア」というのに行ってみることにしました。入場料は無料だというし、まぁ近くだし。。。。旦那が一緒だったら買いたいものも買えないし、こりゃ逆に都合がいいかも。
しかし、行ってみて驚いた~。11時オープンちょうどぐらいに行ったのに長蛇の列。あとから聞けば毎回15000人ぐらい来るのだと・・・。ひょーー


これは本日の戦利品。
cw20071127.jpg


あんまり現金を持っていかなかったのでこれくらいしか買えませんでした・・・・が、みたことないものをゲットできて満足満足。
一番手前がFirekingのシェル(と思われます)のサラダボウル。大きめです。後ろのお皿がディナープレートなので持っている人はその大きさが分かるかな???
骨董屋、アンティークショップの店主がそれぞれコマ割りされた狭いスペースで並べて売っているので、ここはやはり値段交渉でしょう・・・。
付いていた値段から4割引きさせました。稀少なシェルってことを考えても有り得ない金額でゲットできたと思います。ディナー皿も本当は2枚欲しいところだったけど、1枚の状態があまり良くなかったため1枚だけゲット。これもインターネットショップの半額程度。

cw20071127a.jpg


このアイボリーのFirekingのDハンドルマグにいたっては、「2個買うから・・・」「この傷があるのも納得するから・・・」と押しの一手ですごい金額でゲットしてしまい、後から「おじさん、儲けあったんだろうか・・・」と心配になったほど。(だったら値切るな・・・っちゅー話ですが)

この4点は同じ店から買ったのですが、私のあまりにもしつこい()値切りように周囲が驚いていたような、いなかったような、、、、、、、

冷蔵庫買うのも家具を買うのも何でも値段交渉する私(しかもしつこい)・・・・ならではのテクニックが生かされた本日のショッピングでした。


良い子は真似しないでね。
まぁ、なんていうか・・・ 
cw20071124a.jpg

本当は・・・・・『浦和レッズリーグ優勝!!ばんざーい』と書く予定でした。だから、試合前から色々と写真を撮っていたのです。62000人が集まったスタジアムで作ったコレオグラフィーは「優勝」のための王冠でした。(私が王冠の中にいたので王冠の画像はないのだけど、オーロラビジョンには映ってます。わかるかな?)

なのに、本日の試合は敗退。。。はぁ~
来週勝てば優勝です。来週に望みをかけましょう。
なので画像は小さいやつです。(注:クリックすると大きく見れます)


くさりながら帰宅途中で寄ったスーパーで見つけたのが、コレ。きなこ味。
cw20071124.jpg

チームKitKatの情報隊員としては、買わないわけにはいきません。これはおいしかったです。夏場は向かないけど、秋から冬にかけてのこの時期にはいい味です。miniサイズっていうのもこの味だとちょうどいい大きさかも。

まだまだ続くよ、チームKitKat。
Netstleさん。新商品出す前に我が家にサンプル送ってください。チームKitKatで試食&講評いたしますんで・・・・。
昔、何かの入れ物だったもの 
今は何でも使い捨てのプラスティック容器で売っていますが、1950年代アメリカでは・・・・。そう、この容器にカッテージチーズが詰められて売られていたそうです。なんて可愛らしいのでしょう♪古き良き時代のアメリカのママは、カッテージチーズを食べ終わったあとは綺麗に洗って大切に器として使っていたのでしょうね。

cw20071117a.jpg

半透明のミルクガラスで作られたFirekingの容器です。ガラス容器なのに透明ではなく、ミルク色なのがFirekingの大きな特徴であり魅力です。
そしてチューリップ柄がかわいらしいですね。レッドとターコイズブルーの2つしか持っていませんが、パープルやイエロー、グリーンなど色とりどりのものがあるようです。あぁ、全色揃えたいなぁ。

cw20071117.jpg


大きさは・・・というと、ちょうど手のひらに乗る小ぶりのお茶碗ぐらいです。この大きさとちょっとくびれた足がなんとも言えない魅力です。
カフェオレボウルとしても活躍しそうです。

コレクティブルスを集めていると、その時々でマイブームが微妙に変わります。Candlewickはもちろん大好きで毎日ネットや本を眺めていますが、そんな日が続くかと思えば、ジェイドカラー(翡翠色)のFirekingに心を奪われる日が続いたりするのです。
ここ数日はこの『昔、何かの入れ物だったもの』がマイブームになっていて、その昔マヨネーズやドレッシング容器だったというSwankySwigs(スワンキー・スウィグス)なんかも気になってます。またアメリカからやってくるかもしれません。その時はまたUPしたいと思います。
秋の味覚 またまた2発! 
最近、常連のAkiさんとれいこせんせいのブログでやたら流行っている(?)KitKat。新商品を見つけるとゲットしては味の評論・・・です。
これ・・・いつもの横型の箱じゃなくて縦型・・・。初めてみたよ。
2種類あったのでどっちもゲットしました。
「とろける贅沢」シリーズなんですかね。箱に金文字でそう書いてあります。
抹茶だけ食べてみました。抹茶味は裏切られることがないから・・・いいですな。林檎はまた食べてからレポートしまーす。

cw20071116.jpg


そして。。。毎年楽しみにしてるのが、実家の庭に毎年鈴なりになる柿です。形は悪いけどとっても甘くておいしいのです。
cw20071116a.jpg


なんていったって、隣家の人が夜な夜な大きなカゴを持ってきては盗み取りに来るぐらいですから・・・・。
今年は盗まれる前に取らないと・・・・と、母が少々青くてももいだらしいです・・・
夕食後にお茶と一緒に頂くことにします。

アジア制覇♪ 
ここのところバタバタとしていて更新してませんでしたね・・・。
1週間ぶりのネタは・・・・もちろんコレ。

cw20071114.jpg

試合終了のホイッスルがなったときは、ただただ興奮状態だったのに、じわじわとうれしさがこみあげてきて、最後にはでした。

おめでとう!!浦和レッズ!!
アジアチャンピオンズリーグ制覇!!


つまりですね・・・。アジアでナンバー1のクラブチームになったってわけです。
アジアにどれだけの数のプロチームがあるかは知りませんが、その中での頂点に立ったわけですから、野球好きの方には大変申し訳ありませんが、「日本シリーズの優勝なんて所詮日本の中でのトップしょ?」的な感じなわけでございます。しかも日本のJリーグ史上初快挙なわけですから、浦和サポーターが狂喜乱舞するのもお分かりかと・・・・。

6万枚の決勝戦のチケットはもちろん完売。オークションでは数倍~10倍ぐらいの値段で取引され、ある意味そんなプラチナチケットを持って私達夫婦は仕事そっちのけでスタジアムに向かいました。

6万人が総立ちでレッズの応援をする光景には鳥肌が立ちました。きっと選手も「今日は負けられない!」と思ったに違いありません。
ずっと歌い続けてきた応援歌。
『赤き血のイレブン~ラララ~浦和レッズ~世界に~見せつけろ~俺たち!の誇り』
昨日あのスタジアムで応援できたことに誇りを持ちました。

一夜あけ・・・・

cw20071114a.jpg


スポーツ新聞を7紙買い集めました。
旦那にメールしたらひどく驚いてました。

そして・・・・・
腰痛悪化は当然の報いです。はしゃぎ過ぎた結果です。
また通います・・・・病院。
マシッソヨ(おいしい♪) 2発 
最近食べたおいしい♪・・・を2つほど紹介。

まずはコレ。

cw20071108.jpg


テレビCMを流していたのでご存知かもしれないけど、先月埼玉の浦和駅前にパルコが新しくオープンしました。その中にこの「ねんりん家」(HP:http://www.nenrinya.jp/)というバームクーヘン専門店が入ったのね。早速買ってみようと店内に・・・。お砂糖が周りにコーティングされた山型のものを買おうと思ったけど、「本日限定の生タイプはあと○個で~す」の言葉にくらくらっとして、その生タイプを購入。

バームクーヘンなのに「生」?????

何がどー違うのか分からないけど、通常なら1週間ぐらい日持ちするバームクーヘンがこの店には当日限りの生タイプ・・・というがあるのですよ。食べてみるとちょっとビックリ。超しっとり~~。ふわふわの食感のバームクーヘンは初体験でした。

画像じゃわからないだろうなぁ。。。。この感触。

cw20071108a.jpg


そして、もうひとつは・・・

続きを読む »

ほわーーん→ハッキリ!! 
買い物をするとき・・・・の話。

例えば、『この秋から冬にかけて、一足ブーツを新調しよう』とか『秋から冬にかけてのファッションにも合う会社用バッグを買おう』とか・・・思ったと仮定します。
このブランドのこの形・・・などと具体的な商品があるときは別にして、なんとなくこんな感じ・・・なんていうほわーーーんとした希望や好みが誰にでもあるでしょ?
でもほわーーんとしているだけで、具体的に「コレだ」っていう一品に出会えることは稀だったりしませんか??

自分だけが使う物は別にして、我が家で共通で使うものについての90%ぐらいは私の好みや希望が通ります。なのでその買い物に行くときが大変。私の考える「ほわーーん」とした好みを旦那に説明しきれないのです。
「これは?」
「あー、色がやだ」
「じゃ、これは?」
「なんか形がダサい」
「どんなのがいーんだよ?」
「なんていうか、大人っぽくてでもさりげなく可愛いやつでセンスがいいやつ」
「・・・そんなのわかんない」

大抵こんな会話。

でもね・・・・見つけちゃったんだなぁ。
コレクティブルスを入れるための棚・・・。
この棚を見たとき、「ほわーーん」が「ハッキリ」になった瞬間だったなぁ。
いわゆる「コレクションボックス」でもなく、食器棚風でもなく、カントリー家具でもなく・・・・。どっちかっていうとアンティーク家具調。
本物のアンティーク家具は目玉が飛び出ても買えないぐらい高価だけど(数十万なんてザラ)、ちょっとアンティーク調でわざとなのか少し傷がついてるっぽい雰囲気がまたなんとも言えない。取っ手にぶら下がっているアンティークキーでドアが開閉できるなんていうのも「くーーー!!」って感じでいい。
コレクション用の棚のようにライトもついてないし、棚の高さ調節もできない・・・・けど、それを差し引きしてもいい感じ。

あとは旦那の懐調整だけなんだけど・・・・。
こっちの方が問題なんだなぁ。

これだけお気に入りを発見しちゃって、「ほわーーん」が「ハッキリ」になっちゃうと、これ以外が全て駄目に見えるから困る。
また拝み倒し作戦になるのかなぁ。(我が家の家具っていっつも予算オーバーになるのは、私のこのほわーーん→ハッキリになるせいなんだよね・・・)

先日の続きのようですが・・・ 
海外からのアンティーク品の梱包・輸送の話をしましたが、本日アメリカから届いた品物がコレ。
cw20071103.jpg

かばいー

まずは真っ赤なラッピング用ティシューでくるまれ、その後ぷちぷちで二重に梱包されていました。そして赤い毛糸とブルーグリーンのリボン・・・カード。
プレゼント包装を頼んだわけでもないのにこの心遣いに思わず笑みがこぼれました。

中身はというと。。。。

cw20071103a.jpg


そう・・・・クリスマスの「Egg Nog(エッグノッグ)用マグ」なのです。だからクリスマスカラーで包まれていたのですね。・・・・ちょっと感動ものでした。
エッグノッグマグといえば、Hazel Atlas(ヘーゼルアトラス社)のものの方が有名ですが、私はあえてFireKing(ファイヤーキング)のものを選びました。シンプルに赤い雪の結晶が描かれているだけのものが可愛らしくて・・・。

そうそう・・・エッグノッグを飲んだことありますか?
アメリカでは(欧州もか?)クリスマス時期に作られ飲まれることが多いようですが、簡単に言うと「欧米版玉子酒」ですかね?
牛乳や生クリーム、卵、お砂糖やシナモンを入れ、ラム酒などの強いお酒を入れるものだそうです。大きなエッグノッグ用のミキシングボウルで作って、このエッグノッグ用の小さなマグに取り分けていただきます。私はこういう甘いお酒は好みじゃないので、作ったり飲んだりしたことはないですが、甘~い卵ミルクセーキみたいのが好きな人はいいかもしれませんね。

11月に入り、雑貨屋さんなどのお店にもクリスマスグッズがたくさん並び始めました。来月にはもうクリスマス。少しづつ我が家にもグッズが飾られていくと思います。まずはこのマグが今年初めてのクリスマスグッズ・・・ですね。

Covered Mustard jar 
Mold Number:400/156

cw20071101.jpg

まだか、まだか・・・とワクワクするのは、落札したコレクティブルスが届くまでの時間。ちゃんと無事に届くのか・・・という不安と早くお気に入りの商品に会いたい・・・という期待とが入り混じったワクワクドキドキ感です。

このマスタードジャーは、本当に小さなマスタード入れ。本来はお揃いの小さなガラス製のスプーンがついているものですが、残念ながら購入したこれにはついていませんでした。元々このマスタードジャーを目的に落札したのではなく、違うものを目的に落札したのですが、出品者が複数ピースのセットとして出品していたので、これはその中のひとつなのです。

目的のものは割れもカケもなく我が家に到着したものの、残念ながらこのマスタードジャーはCandlewick(=CW)の一番の特徴であるビーズ部分の足がぱっかりと割れ落ちていました。
cw20071101a.jpg

この写真では見えませんが、一つのビーズ部分は完全に取れ落ちて接着剤でも止めることができませんでした。でもそのまま捨てるには忍びなくて出来る限り接着して飾っています。
新品の商品を購入した場合、こういう破損などは交換に応じてくれますが、アンティーク・コレクティブルスは代用がきかないので、ただただ残念だと思うしかありません。そこがアンティークをコレクションする難しさと楽しさなのかもしれません。唯一無二というところでしょうかね。

今まで何度も取引をして、商品が割れていたのはこのジャーを入れて2度。確かに割れていたものを見た瞬間は悲しい気持ちになりますが、これもアンティーク集めの試練と思って大騒ぎはしません。送ってきた相手にもクレームは言いません。きっとおばあちゃんが大切にしまってあったのに・・・、海の向こうでは綺麗なままだったのに海を渡ったばかりに壊れてしまって・・・と思うと申し訳ない気分でいっぱいだからです。


そして、
人間というのは知恵と勘が働くものですね。
全く損傷のない綺麗なビーズが縦に並んだこのマスタードジャーのフタ。ふとシュガーポットにぽんと乗せてみました。
cw20071101b.jpg

あら、ピッタリ。

しかもスプーンを入れるための切れ目(?)がフタについているのも、シュガーポットに丁度いい機能じゃないですか・・・。
割れてがっかりしていた私への慰めになりました。こんな発見や経験もアンティーク集めの醍醐味でもあるんだなぁと、棚の扉をあけてはしみじみと眺めている・・・今日この頃です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。