スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面倒だけど・・・ 
コメントを残すたびに認証用の数字を入力してもらうことにしました。
変なコメントが増えたため・・・・。

ご面倒ですが、どうかご協力を・・・。
スポンサーサイト
Trick or Treat! 
明日はハロウィンだし、たまたま幼馴染の父君が自ら畑で作ったという南瓜を頂いたし・・・。
日本のかぼちゃでジャックオランタンを作るわけにはいかないから、雑誌に載っていたレシピを使って『かぼちゃのレアチーズケーキ』を作ろうと決めた。

cw20081030.jpg


・・・のに、スーパーに入ったらコロリと忘れて、今晩のおかずだけを買ってさっさと帰宅。
買ったものをよっこらしょとキッチンに持ってきて、台にでーんと乗った南瓜を見て、、、「あぅ、あぅ、あぅ・・・・・」。
クリームチーズもない、生クリームもない、作れるわけがない・・・

なんかもう、情けないやらくやしいやら・・・。

BOKE or AHO?
週末3連休のうちに、必ず作る・・・作りたい・・・作るようにします!(一応宣言)
昭和レトロ? 
じらふくんのところで昭和レトロなグッズの話が出たところで、こんなマッチを見つけてしまい即買い。
なんか、かばいーーーーーーーーーーー!!

今、インドのお香を毎日たいてるんだけど、そのお香をつけるのに100円ライターっつーのも味気ないよな・・・なんて思ってたので、インド&昭和日本・・・ではあるけれど、まだ雰囲気あるかな・・と。
猫の絵が、またいい感じです。

cw20081026.jpg

このマッチが売ってるお店には、葉巻やパイプなんかも売ってて旦那が嬉々としてました。
アメリカの古いアシュトレイなんかも売ってて、これは夫婦で通いそうなお店です。
世界のビールを飲んでみる 
アメリカでよく食べたような、ボリュームたっぷり&野菜たっぷりでお皿に乗ってくるハンバーガーを食べに入ったはずなのに、世界のビールがあれこれたくさん置いてあったので、ハンバーガーそっちのけで飲んだくれ。。。

デジカメ忘れて携帯カメラなのでぼけぼけ写真になっちゃったけど・・・

081025_173803.jpg

シンガポールの「Tiger(タイガー)ビール」。
ラガービールのしっかりとした味もあるのに、すっきりとした味わい。今日飲んだ中ではこれが一番旨かったな。。。私の好みのタイプ♪

081025_175422.jpg

オランダのビール「Grolsch(グロールシュ?)」。瓶の口をポンっと開けて飲むのが楽しい。
ビンもお洒落。飲み終わったビンをもらおうかなぁ・・と思ってたのに、帰りに忘れてしまった。。。

081025_175025.jpg

ベルギービール「Duvel(デュベル)」。おそらく英語で言うところの”デビル(悪魔)”の意味でしょうな。
アルコール度数が9%・・・という、普通のビールの約2倍。綺麗に泡立てて飲むのがいいそうで、専用の大きなビールグラスが出てきました。
これは・・・・・・・酔うよ。さすが「悪魔」と名のつくビールです。

もう一本、、、、ドイツのビールを飲んだけど、画像がなくて名前も思い出せないため・・・・省略。


最後に、本来の目的「ハンバーガー」をぱくり。
ハンバーグがおいしい。。。。はずなのに、飲んでるうちに冷めちゃってさ・・・・。

081025_174801.jpg


教訓 「ビールをたらふく飲むときは、ハンバーガーは後から注文しましょう」

おいしくDONATION 
以前どこかで、私はDONATION(寄付)好きだ・・・と話したことがあったのだけど、それは今でも変わってません。最近は、商品を買えば自動的に20円とか30円とかが寄付に回る・・・なんていう寄付金付きの商品も結構増えてきていて、いい傾向だ・・・と思ってます。
トイレットペーパーにも「寄付金付き」とかあって、、お尻拭きながら寄付できるなんてスゴイことですよ(笑)。
海外ではこういうことはフツウに行われているけれど、なかなか日本には根付いていなかったDONATION文化。少しづつでも浸透していけばいいなぁと思う今日このごろです。

で、ミネラルウォーターでその寄付・募金活動をしているといえば、このお水。「VOLVIC(ボルヴィック)」。「1ℓ for 10ℓ」っていうフレーズは有名だよね。
1リットルのボルヴィックを飲めば、アフリカの井戸建設のための資金援助ができて10リットルの綺麗な水を提供できる・・・なんていうキャンペーン。

結構、意識してボルヴィックを飲むようにしてるんだけど、最近、その中でもコレがおいしくてね。。。。
「フルーツキス」っていう種類で、フルーツフレーバーのミネラルウォーター。
中でもグリーンアップルにやられました。めっちゃさっぱりしてておいしい♪(ただし、ミネラルウォーターのくせに19Kcalあります。ご注意を!)

cw20081018.jpg
ただし・・・・これもキャンペーン対象なんだろうか・・・・・。ちょっと心配だけど(笑)。


「私は寄付するんだ」とか「募金を必死にやってるんだ」って意識しなくても、対象の商品を食べたり飲んだり、使ったりするだけで寄付ができるっていう手軽さはいいアイデアだと思います。
色んな企業が色んなアイデアで、こういう活動をしてくれればなぁと期待しています。

以前、応援する「浦和レッズ」にDONATION付きの応援グッズを販売して欲しいと手紙を出したことがあります。残念ながらまだ実現されてません。
サッカーを通して健全な子供を育成する・浦和の街を活性化する・・・などの社会貢献もクラブの使命だとするなら、やっぱり寄付活動もその一環としてやって欲しいなぁと思うのです。
常に5万人以上のサポーターをスタジアムに集めるJリーグ屈指のビッグクラブ。そこでひとりひとりがほんの少し寄付活動するだけで、大きな力になるのになぁ。。。
レッズウォーターでも出したらいいのに(笑)。

また折をみて手紙を出してみようと思ってます。

ささ、、、まずは皆様。
このおいしいお水をお試しあれ。本当においしいのよん♪
おいしく飲みながら、寄付活動してくださいな。

ボルヴィックHP
ついにゲッツ!(古っ) 
ずっとずっと欲しかったんですよね、、、、だしポット。
本当は「野崎洋光のだしポット」が欲しいんです・・・それがいいのは百も承知です。
でもね・・・このだしポットが結構いいお値段なんっすよ。ネットショップとかでも6000円~8000円ってとこでしょうかね。
便利だし、毎日使うから・・・と思いつつもその値段に躊躇してしまい、結局鍋で煮出してキッチンペーパーでこして・・・・という手間をかける毎日。

ふと見つけた耐熱ガラス製のだしポット。それがコレ。
cw20081015.jpg

野崎洋光の方が陶器だし、やんわりとしたダシが取れそう・・・なのは充分理解しつつ、ぱぱっと手軽にってところと、値段(1300円程度)に惹かれて、水出しコーヒーポットなんかでもおなじみのHARIO(ハリオ)製のこのポットを購入しました。

でも、本当はこの蓋にちょっと心が揺れたのも事実。
ここね。
     cw20081015a.jpg

ふふっ。なんだかキャンドルウィックのつぶつぶにも似た雰囲気。
ガラス製だから匂い移りもしないし、中のダシ用の網さえ取れば、これはコーヒーや紅茶をサーブするポットとして使ってもよろしーーーーーーーーーーーんじゃないでしょうか??
もちろん、キャンドルウィックのコーヒーカップとお揃いで・・・。

ま、まずは今日からだしポットとしての威力を発揮していただきます。
昨日、利尻昆布も買ってきたことだし・・・昆布と鰹の混合ダシでも取りましょうか。。。
(で、何作ろう?)
続・サッカー通信 
浦和レッズユース「高円宮杯」・・・・優勝ぉぉぉぉ~!

やったね、やったね。
しかもスコアは9-1だよ、9-1。
9回もゴール入れた試合なんて見たことないよ。
(旦那所属のサッカー部が12点入れられたときぐらいだよ、こんな大量点を見たのは)

いやぁ~。レッズの若者達は将来が楽しみだよ、本当に。
そこらの人気ないJ1チームよりお客が入って、15,000人。
15,000人が大興奮でした。


はいはい、もちろん私が大注目している元サンタクララの濱田水輝くんもフル出場!
ゴール裏に挨拶したときに、聞こえましたかい?私の叫び声が・・・。
「みずきーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
えぇ、えぇ、聞こえたはずですとも。
おばちゃんは、ずっと応援してますよ。
懐かしきサンフランシスコ 
昨日、なにげなくテレビ東京を見ていたら、犬のだいすけ君がアメリカへ・・・・という番組が・・・。
アメリカ横断5000キロの旅だそうだ。
そして、アメリカ初日は西海岸 サンフランシスコ。

フィッシャーマンズワーフで名物クラムチャウダーを食べたり、ケーブルカーに乗ったり・・・。

20081011.jpg
(番組HPより)


うっわ。懐かしっっ!!

帰国してから何度かアメリカには行ったけど、サンフランシスコには空港以外行ってないので、動く映像は久しぶり。あー、あそこの橋を渡ってるのね・・・・、あーー、この通りね・・・などと当時を思い出しながら食いつくように見てしまった。

番組中には紹介されなかったけど、番組HPには、ナパバレーも紹介されてた。
ナパもいい季節にもう一度行って見たい場所だよなぁ。。。

そんな映像を見ながら、私はある人の顔を思い出してました。
懐かしさと共に心がキュン・・・と痛くなりながら。
(ま、理由は聞かないで)


ちょっと懐かしいところも周りそうなので、毎週楽しみに番組を見ることにします。


そうそう・・・。
たまに作るおいしいもの。
今日は、ふわふわの白パン(焼いてなくて蒸したもの?)で作ったけど、バケットで作るとワインやビールのお供にもなるよ。

続きを読む »

おいしいリンゴスープ 
おいしいものに目がない私。
知人宅にお招きいただいたときに出してもらい、大感激したこのスープ。
本当においしいのです。「スープ」と名前がついているけれど、デザートとしてもいいかも・・・。
りんごのほのかな甘さがたまらないおいしさです。


青森県の『無農薬・無肥料の完全自然栽培で有名な木村秋則さんのりんご』というのをご存知だろうか・・・。ときたまテレビなんかでも紹介されたりするので、知ってる人もいるかもしれないなぁ。
この木村さんのリンゴは数が少ないため、なかなか手に入らないらしいのだけど、その数少ないリンゴを使った冷製スープなのです。青森県・弘前市にある「レストラン山崎」のシェフが作ったもので、もちろんレストランでも頂けますが、冷凍されたパックを購入することもできます。

こんなパックです。→
             cw20081009.jpg

この1パックで約2人前でしょうか・・・。
ガラスの器に入れたら、こんな感じ。
cw20081009a.jpg

超クリーミー。
リンゴのスープ・・・・・想像するよりずっと美味です。
どこかで出会ったら、絶対買ってください。損はさせません。

私は直接お店で購入しましたが、それ以外でもいくつかのショッピングサイトで取り扱っているようです。
「木村秋則さん」「レストラン山崎」「冷製スープ」などのキーワードで検索してみてください。
madame・・・本気でオススメです。
初めての「能・狂言」 
8月に「今、こんな勉強しています」と書いたのを覚えていますか?
この日記です。→8/24のブログ

実は昨日(10/4)は旦那の誕生日で、何かおいしいところでご飯を食べようと密かに予約をしていたのが、埼玉のとある会席料理屋です。こちらの料亭、国登録有形文化財に指定された建物で、昭和初期にとある大臣が建てたお屋敷を料亭に改装したようです。(同じように文化財に指定された料亭や旅館には、日光金谷ホテル・東京歌舞伎座・箱根冨士屋ホテル・京都俵屋旅館などがあります。 )

ここの料亭では、お庭に小さな能舞台がしつらえ、年に1度(6日間)だけその能の舞台を鑑賞しながらお食事ができる・・・という期間があります。各日たった60名しかその能を楽しむことができません。たまたま 旦那の誕生日にその6日間が重なったので、サプライズプレゼントをしようと計画しました。


こうした野外で上演される能を「薪能(たきぎのう)」というのですが、かがり火を照明に用いて上演されるので、とても幽玄な世界です。立派なお庭の木々や虫の声などの自然景観も舞台の一部となって、それはとても神秘的な雰囲気でした。

上演中に演者さんを撮影するのは固く禁止されていたので、舞台だけ。。。
こんな感じです。
cw20081004.jpg

能の基本を本で勉強し、演目の内容をインターネットで調べはじめたのが、前述した8月から・・・でした。その甲斐あって、初心者である私達も充分楽しめたと思います。また、能だけでなく狂言もあったので親しみやすかったです。

cw20081004a.jpg
料亭入口の門柱にはこのように薪能の提灯も吊り下げられ、雰囲気も満点。

cw20081004b.jpg
大きな能楽堂では、このように舞台に上がって演者と撮影などできないでしょうが、こうした舞台だからこそ一緒に記念撮影も・・・。(ちなみにこの写真は私達ではありませんが)


そしてメインのお料理・・・
箸付け、前菜、お椀、造里、焼物、煮物、酢物、強肴、食事(ご飯)、甘味の計10品ほど。
どれもこれも本当においしかったです。
これは前菜。秋の雰囲気たっぷりです。
奥にある紫の花はりんどうです。生のお花を見て楽しんで・・・。
cw20081004c.jpg


これで、ひとり28,000円。ふたりで56,000円。
高いとみるか、それとも「こんな経験はなかなかできないのだから・・」と見るか・・・。

ちなみに私達夫婦は、かなりハマりそうな予感です。旦那はさっそく能関連の本を買ってました。
次は、蝋燭の明かりだけで舞う「蝋燭能」を狙ってます♪
羞恥心・悲壮感・季節感 
おばかユニット「羞恥心」に続き、超貧弱ユニット「悲壮感」・・・。
今年は3文字漢字が流行りなんですかね。

そんなわけで、私は「季節感」で行きましょう・・・。


日本じゃイマイチ定着しないハロウィン。でも巷ではハロウィングッズやお菓子なんかも出始めてきたので、季節感を出すためにブログのテンプレも変えてみました。1ヶ月だけこれでお願いします。


流通業で今、割と元気な「イオングループ」。そこのカードを作った人だけ 1ヶ月180円あまり(送料込み)でこんな雑誌を送ってくれます(雑誌名:mom 市販されてません)。最初イオンのお姉ちゃんに薦められたときはこんな雑誌いらないか・・・と思ったけど、180円だしな・・・と思いなおして申し込み。今では結構楽しみにしてたりして。
生活に役立つミニ情報や旅行・グルメネタ、季節感のある素材を利用したレシピなど、実は100ページ弱もある、しかもほとんどカラー・・・というお徳な雑誌。

コレね。→→→
         cw20081001.jpg


この雑誌の表紙を撮ってるカメラマンは誰だか知りませんが、毎回いーなぁって思ってて。。。
今月はたまたまかわいいハロウィンバージョンだったので、ジョキジョキと切ってみました。私はトイレや洗面台、キッチン・・・などあちこちに写真立てを飾っているので、これを入れてはい完成!

cw20081001a.jpg

安上がりの「季節感」でした♪
どこに置いてる? 
ふと気づいてしまった。

韓国じゃ、家電(いえでん)をリビングのソファ脇 or ちゃぶ台に置いている

どのドラマを見ても、家の電話は居間のど真ん中・・・と相場が決まっている。
金持ち風の家では、豪華なソファセットの脇テーブルに置いてあるし、そうじゃない一般ピープルの家では家族が集まる居間のテーブルの上に、さらに貧困という設定の家では居間の地べたに置いてある。


日本ではどーか?
ソファ脇のサイドテーブルやコーヒーテーブルに置いている家は少ない。また家族でご飯を食べる居間のテーブルに電話機は置かない。
昔、電話が黒かった頃、我が家の電話は玄関から入ったところの廊下にあったし、マンションだと電話台がリビング入口あたりやキッチン脇にあったりする。
そういやアメリカ人はどこに置いてるんだろうか????

これってお国柄なんだろうか・・・。
今度、ドラマや映画の中で発見したら画像を撮ってみよーっと。


ちなみに御宅の「家電(いえでん)」はどちらに設置???

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。