スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
師走です・・・ 
暮れの大掃除・・・しましたか?
埼玉は、この師走の祝日・週末とも天気が割とよくて、掃除しやすい日が続いています。

我が家でも大掃除ならぬ小掃除・・・終わらせました。
恒例の「冷蔵庫まるごと洗っちゃおう」作戦も、無事終了。
cw20081228.jpg

全ての棚、ポケットをはずして水洗いします。これをしないことには年が越せない私です。
元々、冷蔵庫の中には必要最低限のもの(例:ビール・ワイン・マッコリ・・・それと調味料)ぐらいしか入れない主義の私なので(冷蔵庫の中が魔窟のようにあれこれ入っている状態が嫌い・・・)、いつもスッカスカなのですが、それでもこの「まるごと・・・作戦」後の冷蔵庫は綺麗でほぼ何も入ってない状態になります。これを見るのが好きなんですよね~。
右ポケット2段全てにビールを入れ終わって・・・あーー安心♪


さらに師走はあれこれ忙しい我が家です。
必ず旦那の実家&親戚に泊りがけで挨拶に行くので、土産物を大量に買出ししに行きます。
毎回違うものを買っていくので、悩みます。
新しいショッピングモールに何かないか・・・と、荷物持ちの旦那を引き連れて買物です。
私は、「あの親戚にはこれで・・・」みたいに必死に考えているのに、旦那は違うことに興味を持っていたようで・・・・。

一足早い 新年の「福袋」。売ってる店があったのです。
わけのわからない雑貨や本が置いてある店『VILLLAGE VANG・・・・』。
これ以上言わなくてもわかるでしょう。
ここの福袋を買いたいと言い張ります。
どんなに重くても自分で持って帰ることを約束させ、(←小学生かっ!)、買ったところ・・・。

cw20081228a.jpg
色んな雑貨の中のひとつに、コレが入ってました。
「焼酎サーバー」


でかした!旦那!
なんかこれで飲んだら雰囲気でそうだぞ。
焼酎サーバーの後ろにごちゃごちゃ写っているものは、一緒に入っていたガラクタタチ。。。

新年はしっぽりと夫婦ふたり、、焼酎サーバーで乾杯することにします。
(そんなわけで、30日よりmadameはYOMEになりますので、ブログ・・・しばしお休みです)

スポンサーサイト
今年、やり残したこと 
「やろう!」と思ってて、今年できなかったこと。

週2回はスポーツクラブに通うこと。
やりかけのシャドウボックスを完成させること。
編みかけのクロッシェを完成させること。
生地を買ったまま放置しているフリースブランケットをちゃんと作ること。

なにひとつできなかったなぁぁぁ。

こんなかで、あと5日でできそうなもの・・・・・・・
うーーむ。

ひとつぐらいは完成させますか。
というわけで、時期も時期だけにフリースブランケットを作ってみました。
去年までは「膝掛け」サイズのものばかり作ってたけど、ブランケット(=毛布)という名前通り、毛布サイズを作ってみることにしました。
我が家の和室いっぱいに広がった生地。。。
cw20081226.jpg

裏の生地としてグレーを買ってたけど、もうちょっとポイントカラーになりそうな明るい色にすればよかったかなぁぁぁ。


cw20081226a.jpg
でも、なんかたくさんのチロリアンテープを並べたようなこの柄はかわいくて好き。
昔、母は手作りのスカートに、こんな柄のチロリアンテープをポイントとしてよくつけてくれたもんです。。。
(今もチロリアンテープって売ってるのかな・・?)

なんとか、今年中にひとつだけやり遂げることができたかな?



サンタさん♪ ありがとー 
サンタの国「フィンランド」・・・ではなく、なぜか「アメリカ」からそりに乗って我が家にサンタクロースがやってきました。

サンタさんは、「龍と牛ではどっちが好きか」とか「何色の服が好きか」とか変な質問をメールで投げてきたかと思ったら、こんなステキなトートバッグを作ってくれました。

cw20081224.jpg

ね、ね、素敵でしょ??

普段全く会えないのに、私の好みや生活サイクルを色々想像してきっと材料やデザインを悩んで選んで作ってくれたのでしょう。本当は、材料を送って作り方を書いた紙でも添えて「あらよ!アータも作ってみな!」とするつもりだったのに、私の事故の後遺症を心配して、指の関節痛をおしてまで作ってくれたようです。
くーーー! なんていいサンタなんだーー!


cw20081224a.jpg
最初の画像では、まるでこういう図柄の生地のように見えるけど、実は銀糸を一針一針刺してくれているのですよ。なんと細かい作業・・・・。私なら途中で気を失いかける作業です・・・。


cw20081224b.jpg
実は、ワタクシ・・・トートバッグ好きです。
これ以外にも何個も持ってます。最近はこの2つをよく持ちあるいてますが、さらに1つ追加になりそうです。こんな好みをサンタは知っていたのでしょうか・・・。


cw20081224c.jpg
そして何より驚いたのは・・・・。
バッグの中にはお財布・化粧ポーチ・エコバッグ・・・・・・、そして会社に行くときに必要なIDカード・定期入れ・携帯・手帳・ハンドクリーム・ロッカーとデスクのキー・・・それらを忘れないためにひとまとめにしている”BAGインBAG”・・・これが、寸法を測ったようにすっぽり入るのですよ。
まさにジャストサイズでした。
しかも、このバッグ。いーーーーーーー匂いがするー。アメリカの匂い?サンタの匂い??


アメリカのサンタさん。本当にありがとう!!

出来上がったサングリアを飲ましてやりたかったなぁぁぁぁ。

続きを読む »

いち、にぃ、さぁぁ~ん・・・さんぐりあー 
毎年恒例のmadame家クリスマスパーティ。
今年は、明日の21日に決定です。はい、、、13時集合ね。

そこで、今年はサングリアを自作してみようと、チャレンジ。
案外簡単なので、楽しむ24時間前に作ってみましょう!

材料は、安い赤ワイン1本と、砂糖大さじ1、シナモンスティック1本、あとは好みのフルーツ。

私は、林檎1個、レモン1個、オレンジ1個、バナナ1本を使いました。
cw20081220.jpg

大きめのボウルにワイン1本をあけて、砂糖を入れます。(蜂蜜でもOKらしいです)
オレンジやレモンは皮つきのまま使うので、塩を使ったりしてよくワックスを洗い落とします。
くし型に切って、さらに小さくカットします。

cw20081220a.jpg

全てカットするとこんな感じ・・・

cw20081220b.jpg

バナナは、皮をむいて入れます。(バナナを入れるとワインがにごるらしいので、それが嫌な人は入れない方がいいかも・・・。でもバナナを入れるとおいしいらしいですよ♪)

cw20081220c.jpg

最後に、シナモンスティックを1本入れて、出来上がり。

cw20081220d.jpg

24時間漬け込んだら、こしてから頂きます。嫌じゃなければフルーツごと器に盛ってもOK。
ただし、使った果物はまずいので食べられないらしいです。

さぁ、明日にはおいしいサングリアが出来上がってるでしょうか???
楽しみです


これ、なーんだ? 
cw20081215.jpg

これ、なーーーーーーーーんだ?

でぶっちょのきゅうり?

 NON、NON・・・

ズッキーニ??

 NON、NON・・・  惜しいね~。

それじゃ、切り口ですよ。

cw20081215a.jpg

うっすらオレンジ色ですねぇ~。

ヒントは、一緒に調理する「青とうがらし」ですよ。


実は、これ・・・
「韓国かぼちゃ」です。日本のかぼちゃみたいにホクホクした食感と甘さは全くしません。
辛いスープやチゲに入れて食べます。

先週、韓国料理屋さんに行く約束をしていたのに、私の都合でキャンセルするハメになってしまい、、、、、、、、、。そのくせ、カラダは辛いものを食べる準備が出来ていたらしく、辛いものが食べたくて食べたくて・・・・・。
仕方がないので、韓国かぼちゃ入りの辛~いスープを作ります。

お忙しい姉さんと、また行く予定をたてなくちゃ・・・。
やっぱり自分が作るより、他人が作るスープの方がおいしいもの♪
でも、今日はとりあえず自作のチゲで我慢です・・・。

飲んべぇディナー 
ビールのつまみになる、飲んべぇメニュー。
これだけで、夕飯は終わりです。
こんな週末ディナーがあってもいーーーーーーーーーーーーーーーーんですっ!

我が家のおでん。

cw20081207.jpg

必須アイテムは、

ちくわぶ、里芋、タコ、大根、こんにゃく。
タコはおいしーよー。

はい、、おでんとでぐびぐびタイム~。

たまたまゲットした、「築地丸武の玉子焼き」。
cw20081207a.jpg

甘~い玉子焼きはお鮨屋さんの味。
お弁当とかに入れるような自分で作る玉子焼きには、いっさいお砂糖を入れない主義なんだけど、お鮨屋さんの玉子焼きは甘い方がいいいよねぇ~。

cw20081207b.jpg

はい、玉子焼きとで、ぐびぐび・・・。

ぐびぐび、ぐびぐび・・・・
太陽プリーーーーズっ! 
我が家のマンション。。。
購入して12年目。秋から大規模修繕中でございます。
こんな感じでマンションがすっぽり幌をかぶったようになってます。

cw20081205.jpg

もちろん日差しは部屋に入りません。
加えて、壁面とバルコニーの洗浄と塗りなおし作業があるため、バルコニーへの出入り禁止も言い渡されており、洗濯物はいっさい外に干せません。

アメリカでも景観を損ねるってことで、洗濯物を外に干すことを禁じられてました。最初は慣れなくて
「折角 太陽熱っていう自然のいい乾燥機があるのに、しかもカリフォルニアは湿気がなくっていい天気の日が多いのに、なぜに乾燥機を使わなきゃならないのー?なぜに外に干しちゃいけないのー?
と思っていたけれど、次第に乾燥機での乾燥に慣れてしまったよな・・・。

でも、現在の我が家には乾燥機なんて無し。
仕方ないので、窓際に設置した突っ張り方式の物干しで対応。
なんか乾いているんだか乾いていないんだか・・・・って感じで気分悪し。

cw20081205a.jpg

折角飾ったクリスマスツリーの横に、洗濯物・・・・だし。
雰囲気ぶち壊しだよ

もうかれこれ2ヶ月ぐらい・・・。
年内はこの状態が続くらしい。
いったいいつまでこの穴倉暮らしみたいな生活なのかな???

カモン 太陽ぉぉ~。
プリーズ 太陽ぉぉぉ~。
あかん・・・ 
私・・・・クレーマーになってしもた。

某メーカーの薄型デジカメ所有の私。1年ぐらい前に新しいカメラを購入したので、とんと使わなくなってしまった。ところが新しいカメラはでかいので女性のバッグの中に入れて持ち歩くのはちょっと不便。
ちょいと友人と出かける用事があり、このときに「そうだ!あの薄型カメラを持っていこう!」と思いついたのはいいが、いざ使ってみようと思ったら、、、、壊れていた。

スイッチ不良。
OFFにしているのに、5分ぐらいすると勝手に電源が入る。(このときスイッチはOFFのまま・・・)
また5分すると、勝手にレンズが引っ込み、電源OFF。、、、、、、と思ったら、またすぐに電源ON。
(再確認しますが、あくまでスイッチはOFFのまま。何もいじってません)
これをただひたすら繰り返すので、あっという間にバッテリーがゼロに。

メーカーのHPを見たけど、そんな症状のことやトピックスは書いてない。
これといってヘビーな状態で使った覚えもないし、だいたい勝手に電源が入るなんておかしい・・・と思った私は、他に同じ症状の人がいないかとネット検索。
同様の症状の人が出るわ、出るわ・・・・・。

腹をくくって、メーカーのお客様センターへ電話・・・・させる。。。。旦那に。(苦笑;;;)
「メーカー保証の1年が過ぎてるので、有償修理で・・・」と、修理センターを案内するばかり。

どーーーーーーーーーーーーーーー考えても、メーカーの不備だ。リコール対象だー!
と思った私は、引き下がりたくなかった。
一応、旦那も電話口で頑張ってみたものの、後日修理センターから電話をさせるという担当の言葉に折れて終了・・・。
私にその対応を任された・・・というわけだ。手腕の見せ所・・・。

そして今日、その決戦の日。
私は会社から帰る間、ずっと対応策を考えていた。「なんて言おう・・・」



まず、電話に超不機嫌モードで出る。

「・・・・はい。」 (もちろん名前は名乗らない)
「◎◎さんのお宅でよろしいでしょうか?ワタクシ、××修理センターの山田(←仮名)です。」
「・・・・はぁ・・・」 (もちろん不機嫌モード)

この状態で、すでに相手は「これは一筋縄ではいかない相手にあたった」と思ったようで、私の作戦はまずまず成功。
一応、メーカー保証が切れているので無償修理は難しいという旨を聞かされる。

「メーカーのHPには何も書いてないけれど、お客様センターではこういう同じ状態のクレームは散見されるといってたわよ。それについてはどう思うんですか?」
、、、とジャブを打ってみる。

ご指摘の通りなんですが・・・と、なぜかしどろもどろになる山田さん。

「お客様センターと修理センターと品証(=品質保証部のこと)とは情報共有していないってことですか?」
「インターネットでの書き込みは、メーカーへの嫌がらせだと?ガセねたですか?」
「ヘビーユーザーでも、赤道直下に住んでるわけでもないのに1年やそこらでスイッチが壊れるってこと、メーカーとしてはどう思うんですか?」
「いったい、この同じ現象での相談は何件あるんです?私が初めてじゃないですよね?」

その他もろもろ矢継ぎ早に質問攻めにしてみる。

山田さん・・・もう、何を言っていいのか分かりません状態。
「具体的に何件というのはお話できないのですが、確かにそういう情報は頂いてまして・・・。それが多いか少ないかというのは・・・えーー、そのーー、えっとーー」

「私。どうするべきですか?このカメラ」 (相手に対応策を考えさせる)
「それでは、本来は出来ないんですが着払いでカメラをお送りいただいて・・・」
「それで?」 (やった!!着払いだー!
「えー、部品の手配とかをいたしまして・・・」
「それで?」 (修理代のことはこちらからは言い出さない・・・作戦)
「今回は特別にということで、無償で修理させていただくということで・・・」
「それはありがたいんですけどー、メーカーとして、こういう風に文句を言ってきた人だけ対応ってことでいーんですか?」
「えっと、、、ワタクシは修理受付の人間でして・・・」
「だから??」
「・・・・・・・・・・・・・・・」

もう山田さん、大パニック起こして着払いさせる住所が分からなくなって右往左往。
「スイマセン、スイマセン。少々お待ちください。えっと、えっとーーー」



無事、着払い&無償修理を勝ち取った私。
私って、悪人???


でもね・・・・これって、リコール対象だと思う、、、マジで。
だって、WEBには山ほどいたよ、同じ現象で困っている人。
5千円とか出して修理したっていう人まで・・・。おかしいよ。絶対メーカーはこの現象のことを知っているとみた。
世直しmadameとしては、もう少し頑張って他に困っている人も助けてやりたいと思ったが、山田さんの狼狽が手に取るように分かったので許してやることにした。
自分だけ無償修理で・・・・・・・スイマセン。


しかし、あれだ・・・。
声の大きい人だけが得をするっていう世の中は間違っておる。
(・・・と、大きい声を出したお前が言うな・・・ってわけですが・・・)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。