スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
並んで、並んで・・・ 
どこまで食い意地がはってるのでしょうか・・・?
おいしいものへの探求心は果てしないのです。たとえそれがおデブちゃんへの道だったとしても・・・。(笑)。

1日限定200本。
おひとりさま2本まで。

とにかく入手が困難なMon Chou Chou(モン・シュシュ)さんの「堂島ロール」。
浦和パルコで限定販売されると聞いて、えー、えー、私は並びましたよ。
9時半の整理券配布に開店前の店舗の外、吹きすさぶ風の中40分。
それでも私の前には30数人がすでに並んでました。
(1番の人はいったい何時に並んだんだ?)

そしてこれがその「堂島ロール」

堂島ロール

アップにしてみましょうね。
cw20090327b.jpg

クリームの量が半端ないです。
ロールケーキ・・・というより、クリーム巻きです。(笑)
ところがこのクリーム。。。
ちょっと目からうろこでした。
「なにこれ?全然重くない。さっぱりしてるのにコクがあって、いくら食べてももたれない」
って感じなのですよ。
巻いてある生地もちょっと他と違います。最近のロールケーキブームにのっかって色んなロールケーキが出てきてますが、そのケーキに多いふわふわ感満載の生地・・・・それとは全く違うのです。
存在感もあって、だからこそ大量のクリームに負けないおいしさです。

あっぱれ!!!でした。
(会社休んで行った甲斐あったな・・・)


ついでに、浦和伊勢丹でやはり限定販売されていた「北海道花畑牧場の生キャラメル」。
こっちの整理券もダッシュで取りに・・・・・・。

一度食べてみたかったカチョカヴァロチーズもついでにゲット。フライパンで軽く焼いて食べるんだそうで・・・・。これはおいしいワインとともに頂くことにします。
cw20090327.jpg


この「やる気」と「フットワークの軽さ」を他で活かせたらいーのでしょうな・・・。

・・・しかし、あれですな。
本当に食い物ネタしかないな。。。



スポンサーサイト
目が食べたい、食べたい!とわがまま言うので・・・ 
cw20090324.jpg

ここのラスクは本当においしいです。普通のラスクをイメージしていると、いい意味で裏切られます。
一度、会社の人に頂いてから大好きになりました。
浦和伊勢丹の催事場に期間限定で出店されていたので並んでゲットしました。
プレーンのやつとホワイトチョコの2種類を買いました。どっちもウマ~。
実店舗ももちろんありますが、お近くにない場合はネット販売もしているようなので、よろしければゲットしてみてくださいませ。

ガトーフェスタ・ハラダ

そして・・・
cw20090324a.jpg
こちらも、たまたまゲットできちゃったもの。
おなじみROYCE’のポテチクランチチョコレート。波型にスライスされたポテトチップスに直接チョコ掛けしているものも大好きですが、このポテトチップスを砕いたものにチョコ掛けして丸くまるめちゃった・・・って感じのやつも中々美味です。これも”やめられない止まらない かっぱえびせん”状態になります。


あぁぁ。
痩せるわけねー。
久々に作ったクッキー 
中学生のころ、、、我が家にはオーブンなんていう家電がなかった。唯一あったのがオーブントースター。焼きあがるとポンっと出てくる縦型のトースターに代わり、横入れ型のオーブントースターが我が家に来たときには感動ものだった。
「これってオーブンなんじゃ???」
世間を知らない女子中学生は、これでお菓子作りも出来る!!と思いこんだ。早速本屋でお菓子作りの本も買った。

ところがそのオーブントースターでは、お菓子の本に書いてあるようなケーキは作れそうもなかった。唯一できそうなのがクッキー。本の中に書かれているたくさんのレシピの中から、そのクッキーのページだけは何度も何度も開いて作ったものだ。当時、重曹を入れてサクサククッキーにしたのを覚えている。
サクサクした丸いクッキーを見ると、当時のことを懐かしく思い出すのだ。。。


先日、友人宅に行ったときに彼女お手製のクッキーを頂いた。
サクサクした丸いクッキー。おいしくて何個も手を出した。
そして、彼女からレシピももらって帰ったのだ。
「そういえば、クッキーって随分作ってないなぁぁ。また作ってみようか・・・」
そんな気分にさせてくれた。

丸くてサクサクしたクッキー。なんだか中学生のあのころのような気分になって再び作ってみることにした。

■さくさくスノーボール■
cw20090322.jpg

白い粉砂糖がまぶしてある雪玉のようなクッキー。
たくさんアーモンドプードルを入れたので風味豊かなクッキーになった。
cw20090322a.jpg
冷蔵庫に入れて冷やして食べるとおいしい。


あのころ作ったサクサクした丸いクッキーのレシピ本は、どこに行ったんだろう?
確か、丸いクッキーの上に楊枝で穴を開けてそこにイチゴジャムを入れて焼いたっけ。
オーブントースターの前で、ずっと焼きあがるのを待ってたっけねぇ。
あぁぁぁ、懐かしい。

勝利の代償 
サッカーシーズンが始まりました。
先週、アウェイで鹿島にボロ負け。
レッズが悪かったというよりは、鹿島のワンダホーなプレーに圧倒されたって感じでした。

さて、今週はホーム初ゲーム。
サポーターも力が入りますっ!

毎回、素晴らしいレッズのコレオ。
惚れ惚れ~。相手チームの方を見てたら、結構カメラで撮ってる人もいたし・・・。
cw20090316.jpg



こうやってシートを頭の上に掲げながら、下では大声でレッズの応援歌を力の限り歌っているゴール裏の人たち。ぐぐぐっと心を高揚させてくれる・・・・。「あぁ、レッズの選手たちよ。この応援が見えるかい??」
cw20090316a.jpg

危なげなシーンもたくさんあったけれど、それでも後半は去年には全く見られなかったワクワクするようなパスチェンジもあって、何よりサッカーを楽しむことができました。


ただね・・・・・・・・・・・・。
めっちゃ寒かった。雨と風。
おかげで日曜日は風邪を引いて、一日中寝ている羽目に・・・。
勝利の代償が風邪だったけれど、それでもこういう試合を見れたことに感謝。
今年も応援頑張りまっす!


今年の若手注目選手(1990~1991年生まれ)
やまだ  なお
はらぐち げん
たかはし しゅん
はまだ  みず

なんだろね?若者はこういう名前が流行なのかい?
そしてトドメは、私の大好きな「つづ
(こっちは30歳越えだけどさ・・・。しかも苗字だし・・・)



ボーダーライン 
Aチーム

・オヤジがぞろぞろいたりする定食屋
・寿司屋(夜は飲めちゃったりする)
・小洒落たイタリアンレストラン
・韓国料理屋
・うどん屋、そば屋
・インド料理屋
・ファミレス
・コーヒーショップ(喫茶店)


Bチーム

・牛丼屋
・ラーメン屋
・焼肉屋


はて・・・?
このチーム分けは???

私がひとりで入店して食事ができるチームとできないチーム。

かつてOL時代は全国各地にひとりで出張していたので、大抵の店には「おひとりさま」で入れるけれど、実はBチームに分類されている店には一人で入れないのであります。

なぜかってのは分からないけれど、この3種の店にはいまだかつて一人では入ったことありません。
友人は「えー?ラーメン屋はOKだけど・・・」とか言うけれど・・・。
それぞれの「おひとりさま」ボーダーラインは違うみたいです。
アイデア部長 
この画像・・・・・、暗いところでしかも携帯で撮ったので見えるかなぁ~?

駐車場

とある大型ショッピングセンターの屋内駐車場です。
(うちの車も写ってますよ~

何を撮りたかったかというと、車の後方上に赤いランプと緑のランプがうっすら見えるかな?それを撮りたかったんですよ。
ここの駐車場・・・・8200台が停められるそうです。それだけあればどこでも好きな所に停められそうなものですが、時間帯によっては意外に空いてない・・・・というか、空きスペースを見つけるのに苦労します。こういう駐車場って、何がイヤかっていうと”早く来た人が早く停められるとは限らない。時の運と勘のいい人が早く停められる”・・・ってこと。
この駐車場は車の上空(?)にセンサーがあるらしく、とまっているところには赤いランプ、空きスペースには緑のランプが点灯してます。だから一目でどこが空いてるかが分かるのです。
「あ・・・あそこ 空いてるんじゃない?」なんて思って行ってみると、大型車の陰で見えないだけで実は軽自動車が駐車してた・・・あぁ残念!!なんてことよくありません?
それがなくなるのです、このシステムだと。

実はこのシステム。こういうのがあればいい・・と、何年もずーーーーーーーーーーーーーーーっと言い続けて来た内容でした。電気を使うものだとECOにはならないしメンテナンス費用も発生するから、後輪がある場所を踏めば旗のようなものがピョンと出てくるってだけでもいい・・・なんていうアイデアも考えたし、入り口で駐車券を取った段階で駐車スペースを印字すればいい・・・とか、色々考えてました。
「やっと、世の中が私のアイデアについてきたわぁ~」
・・・私がよく旦那に言う台詞です。


こんなことはよくあって、キッチンシェルフを探してたときも、
「こんなに分別ゴミの徹底が進んでいる日本なのに、なんでゴミ箱置き場をシェルフにつけないのかな?せめて選べるようにすればいいのに・・・・」
と、家具屋で言い続け、次の次の年ぐらいにはシェルフの上下を好きな組み合わせにできるものが増えてきて、中には分別ゴミ箱つきのシェルフも出てきたし・・・。
「やっと、世の中が私のアイデアについてきたわぁ~」
またまたこの台詞がでちゃいます。



私をアイデア部長にしてくれませんかね?
具体的にどうやって実現するか・・・ってのは他の人が考えてもらって、私はアイデアだけ出すっていう・・・・そういう都合のいい役職なんですけど。。。

結構、いるだけでなぜか問題を解決して受注を取っちゃったりするNHK「サラリーマンNEO」に出てるセクスィー部長のようだったりするんですけど、駄目ですかね?

**全然関係ないけど、セクスィー部長ってこんな人→サラリーマンNEO

いい仕事しまっせー。私をアイデア部長にしてくれる会社募集中~!
求む!クリック! 
ワタクシ・・・飲んだくれmadameですが、Donation好きです。
毎年必ずやるのは、赤い羽根共同募金とハンガーフリーワールド募金ですが、それ以外にもちょくちょく色んなものに寄付活動をしています。
そんな私をよく知ってる旦那が、昨日
『今日の日経新聞に、奥さんが興味を持ちそうな記事が載ってたから持って帰ってきたよ』
と、新聞記事を持って帰ってきました。

cw20090303.jpg

私は募金好きだけど、あれこれ自分で探してまで募金活動をするような・・・そこまで積極的ではなかったので、今回こういう記事をみて
「いや~、世の中には色んな活動があるんだなぁ・・」と感心しきり。
ドリンクの自販機に共同募金ができるようにしたり、クイズ募金などその方法は様々・・・。

その記事に載っていた、面白い募金活動があったので紹介しておきます。
この募金活動・・・・・なんと、自分のお財布をまったく痛めずに募金ができるのです!
「そんなウマイ話があるんかいな・・・?」と思うでしょ?
からくりは簡単です。企業のサイトへ行ってクリックすることにより、その企業が1クリック=1円と換算して、それぞれ支援するところに寄付をしてくれる・・・というもの。
企業としては、そういう支援活動をしている・・・という企業アピールになるとともに、本来の目的(?)である自社のHPをついでにのぞいてくれる・・・というメリットにもなる。そこにお金を出そうということなんだと思います。ブログにある企業PR広告と同じカラクリでしょうね。

よろしかったら、訪問してクリックしてみてください。
あなたの1クリックが1円の募金活動になりますよ。
(ただし、自己責任でお願いします。)

ココです 「クリックで救える命がある」
ブログパーツも張っておきましたので、賛同して毎日のようにクリックしていただけると世界が良くなると思います。(参加している企業のほとんどが大手企業です)


来年あたりは、ハンガーフリーワールドのボランティアにでも参加しようかなぁぁぁ。
お宅訪問 
昨年末ぐらいから、友人・知人からご自宅へご招待いただく・・・というのが続いている。夫婦揃っておよばれ・・・である。
旦那の同期のお宅、OL時代の先輩のお宅、私の仕事仲間のお宅、憧れの女性のお宅・・・などなど。3月もまたとある友人夫妻の新築の家にご招待されている。
昨日は、アメリカ赴任の前任者のお宅にご招待された。新築の家はとても洗練されたデザインで「あぁ、こういうところはアメリカ生活したからこそ・・・の間取りだな?」などと思わせる部分もあって、とても素敵だった。
それぞれ招待してくれた方の奥様は、ある人は手作りのおせち料理を、ある人は手作りピザを・・・と、きっと私たち夫婦の顔を思い浮かべてはメニューを考えて作ってくれたのであろう、その心遣いにうれしく思うのだ。


結婚以来、私も旦那も自宅に友人をたくさん招いては、自分の手作り料理を振舞うのが好きだった。
一時は狭いマンションに14人・・・なんてこともざらであった。
確かに友人・知人を招くとなれば、普段は見ない振りをしているところの掃除もしなければならないし、何日か前からメニューを考えたり・・・と大変なことは多い。いやらしいことを言えば、回数を重ねれば重ねるほど出費もかさむわけだし・・・。でも、さして凝った料理もできないが、「コレおいしい~」なんて言われるのがうれしかったし、お互いの友人を大切にしたいという思いで招待を続けていた・・・つもりだった。

しかし、あるときふと気づいてしまった。
一部の限られた友人以外、そういえば夫婦で、あるいは個別でも招待されることがない・・・と。
アメリカでは料理を持ち寄ってパーティをする「Potluck形式」がほとんどで、ホスト役が自然と持ち回りされているのであまり不公平感を感じたことがなかったが、日本ではそういう文化がない分、招待する側が全てを準備するため、「なんだか自分だけが大変な思いをしている・・・」と 不満が爆発してしまったのだ。
なので、最近はお互いの家を行き来している一部の限られた友人以外は一切 招待しないことにしている。


でも、せめてここ数ヶ月で招待された方々には、来ていただかないと・・・・。
それが「お互い様」という日本の美しい文化なのだから。

春になったらまたメニューブックを開き、あれこれとメニューを考えてみることにしよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。