スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコン離れができるか?! 
諸般の事情により、明日(6月1日)より早くて10日、遅ければ2週間ほどパソコン&ネットができなくなります。
そんなわけでブログの更新(←これは元からあまり頻繁にしてないけど・・・)、パソコンメール、それからブログへのレスなどができなくなります。

半月後ぐらいにお会いしましょう(?)。
(一時期、固定電話もつながらないことがあるかもしれませんが、生きてますのでご心配なく)

個人的にアクセスされる方は携帯電話、携帯メールでお願いします。
スポンサーサイト
アリ? 
背が小さくて可愛い子のことを、「アリージョ」(蟻さんのように小さい女の子の意?)というのだそうだ・・・。モデルの益若つばさちゃんなんかもその代表みたいなもので、最近またそういう小さい女の子も人気なのだとか。。。

ちなみに私も背が低い。
オシャレをたくさんしたい20代の頃は、それがコンプレックスでいつでもどこに行くのにも高いヒールの靴を履いていたっけ。
そうか、、、私もアリージョなのか。やっと世の中が私の魅力に気づいたのだな??と思い、
「私もアリージョだわね」と旦那に言ったところ、

私はアリババなんだそうだ。蟻のように小さいババァ・・・・・・・・・・・・・・。


・・・ったく


アヒル→ピエロ・・・・オーデュボン??? 
母は小さい頃から私に言っていた。

「本を読みなさい」「辞書を引きなさい」


親の言うことに反抗しない娘は、分からないことはすぐに辞書を引いて調べた。
その癖は今もカラダに染み付いていて、ん???と思った単語がすぐに引けるように、、、、と、携帯電話は”国語・和英・英和の3辞書がついているもの”というのが選定条件になっている。

ところが、「本を読みなさい」という教え・・・・通勤時間が長かった昔はよく読んだものだったけど、通勤が2駅(約5分)となった現在・・・・あまり読まなくなってしまった。
浅田次郎にハマった時期もあった。東野圭吾を読み漁った時期もあった。山崎豊子、宮部みゆき・・・作者の名前だけで本を買った時期もあった。
ところがどーだ。最近は活字を追わなくなってしまった。
そのせいか、文章力はなくなり文字もかけなくなり、ボキャブラリーはコギャルと変わらなくなった。


そこで「これはいかん・・・」と、読書家の旦那の本棚から1冊の本を手にとり、読んでみた。
タイトルは「アヒルと鴨のコインロッカー」。
・・・なんじゃ、そのタイトル?と思ったが読み進めてみた。
文体が面白く、さらに最後の「・・・え?そうだったの?」という結末に驚いた。
作者に興味を持ったが、活字離れした私が次の本を手に取ることがなかった。

そして今日、テレビを見ていて、映画化されるという「重力ピエロ」という変なタイトルの本を知った。
奇しくも「アヒル・・・」と同じ作者であった。
旦那の本棚にはそのタイトルの本がなかったので、すぐに購入してみた。
まだ読み始めてみただけだが、ちょっと先が気になるストーリー。

こっそり旦那の本棚を物色すると、同じ作家の本を発見。
「オーデュボンの祈り」・・・。
オーデュボン????

変わったタイトルをつける作者である。


久しぶりに活字に溺れてみようと思う。

cw20090523.jpg


チームサンノゼ 
何年ぶりでしょうかね・・・。
毎週のように集まっていた3家族。
今や 仙台、神奈川 東京、埼玉・・・と離れてしまい、なかなか揃って会うことができなかったサンノゼ仲間が我が家に集まりました。
久々にワイワイと騒いで、あれこれ飲んで、めっちゃ楽しかった。
他の4人は楽しめたんだろうか???

この時間、仙台組は高速道路の上だろうな・・?
神奈川組はそろそろ家に着くころかな?

「次は那須あたりでBBQしながら泊まりで遊ぼうよ」
「いつかまたアメリカに行かない??」

などと、次の再会を約束しつつお開きにしました。
何年も離れていたのに会話は尽きないものですなぁ。
こういう友人はいつまでも大切にしたいと思う1日でした。

ひとりひとりの顔に細工するのが大変だったため、写真を焼いてそれを写してみました。
分かる人は分かるかな????

cw20090517.jpg
忘れてたよ、、、製作者だけど。 
5月初めから我が家のリビングチェストの上を飾る、このシャドウボックス。
確か帰国してすぐの頃に作った覚えが・・・・。(もうかれこれ7年?)
めずらしく和柄の絵を選んで作ったもの。

cw20090511.jpg


大河ドラマの影響か、はたまたゲームの影響かは知らないけど、昨今若い女性に「戦国武将」が人気なのだとか・・・・。テレビでそんなニュースを見ていたら「・・・あ、うちにも兜があるんじゃ・・・?!」と思い出した。
ちょうど5月の節句もあるし・・・と、急遽リビングに引っ張り出してきた。

和柄に合うようにと黒い額をチョイスし、なんとマットは金色っ!

cw20090511a.jpg

おー!なかなか良いではないか、、この兜も。。。
戦国武将好きの若いお嬢さんなら喜ぶのじゃないか?(高く売れる???)笑;;;
すごいな、、私。7年も前からこの戦国武将ブームを予言していたのか・・・?
(ま、それはないか・・・・

製作した本人も忘れていたこのシャドウ。毎年5月にはこうして飾ろうか・・・。
他に忘れているお宝(?)作品はないものか・・・?

10年後の私にご期待ください! 
20代・・・たいしてスキンケアなどしなくてもピッチピチ♪直射日光の下、平気で日焼け。ハワイの海では日焼け止めじゃなく日焼けローションを塗り、大やけど。でも気にしない。。。
30代・・・ちょっとスキンケアも気になるが、それでもまだ本気になっていない。あのカリフォルニアのきつい太陽光線の元、遊びまくる&毎日運転。顔左側から強い日差しを受ける。
40代・・・20代・30代のツケがまわる。やばいよ、やばい。

・・・というわけで、ここ数年。ありとあらゆるスキンケアをしております。
夜にはあれこれと美容液を塗り、ヒアルロン酸やコラーゲンたっぷりのパックも頻繁に・・・。メラニン生成抑制成分がたっぷり配合された美容液は、朝夜問わず欠かさずぬりぬり・・・。

肌の老化はフケ顔に見られるので、もう必死ですよ。必死・・・。


そんな私が最近出会った優れものがコレ。
cw20090408.jpg
「エクスボーテ ビジョニックセラム」

これ、、、、メイク用美容液なのです。
たいていの美容液は、夜 洗顔のあと化粧水などで整えた肌に塗る・・・っていうのが多いけど、これはメイクの直前に塗るタイプ。
洗顔して普通にスキンケアをしたあと、これを塗る→化粧下地→ファンデ・・・・という順序ね。

このビジョニックセラムを肌になじませると、まずピーーンと肌にハリ感を感じるわけ。え?つっぱってるの?なんて思ってると徐々にしっとりした肌になってくる。そしてなにより化粧くずれがしにくくなった。
ファンデがよれて、ほうれい線にたまる・・・・なんてこと無し!ランチのあとのメイク直しにファンデをつけなくなった。ちょっと油とり紙で油を取って鼻の頭だけパウダーでちょんちょんするだけ。それで十分。(注:これは私の感想ね)

30gで5040円(税込)。
これを高いとみるか安いとみるかだけど・・・。
私はこれが手離せなくなりそうな予感。
私はここのメーカーのファンデも愛用しているので、ファンデとの相性がことさらいいのかもしれないけど、それにしてもかなりいい効果が(私には)あったよう。

50代の私に期待してて。
絶対、周りの50代より綺麗な肌になってやるーー!!と誓っている今日この頃。
仮想”親の欲目” 
母の年の離れた弟(叔父)の末娘・・・・つまり私のいとこが結婚した。その結婚式に呼ばれ、母の実家のある長野県に行ってきた。
母と叔父も年が離れているし、さらにその叔父の3姉妹の末娘・・・。
つまり私とは20ほど年が離れているいとこなのだ。
小さい頃はほとんど遊んだことがなかった。すでに大人と赤ちゃんだったから・・・。
話など合うはずもない。


年を重ねるほどに可愛くなる”年の離れた”従姉妹たち。
これだけ離れていると従姉妹というより叔母や母親の気分になる。

『ねぇ、、、花子(従姉妹の仮名)ちゃんさぁ、あんなに可愛いのにさ。もったいないよね?もっといい男がいると思うんだけど・・・』
『・・・だよね~』
新郎には大変失礼であるが、ビジュアル的に花子が数段上である(と思っている親戚一同)。

親の欲目・・・自分にそういう感情が生まれるとは思っていなかったが、まさにそんな気分であった。
デジカメを忘れてしまったために、携帯のおかしな画像。。。
それでも20代の若い彼女は輝いていてみえる。(画像にも若さが表れるのだから年齢って残酷

花子(仮名)ちゃん。めっちゃ可愛かったよー。
cw20090429.jpg

(ついでに雑感・・・)
久々に20代の若いカップルの結婚式に出たので、大変疲れてしまった。
やはり30代、40代のカップル同士の結婚式は、落ち着いている・・・・・・・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。