スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱に浮かされても 
前回鶴瓶師匠の話をしましたが、今度はこの人です。
なんとまぁ、私の中で落語家ブームがおきてます。(本当は偶然ですが・・・。)

cw20100430.jpg

実はこの本・・・・ずっと前に会社の本棚から持って帰ってきたものです。
(うちの会社には、小説などのほか雑誌や試験の問題集など分類を問わず、家にある本を無料で寄付し、社員なら誰でも適当に持って帰ってもよし、借りて帰ってもよし・・・という実に自由な本棚があるのです)
読もう読もうと思いつつ、別の本を読んだりして放置してたもの。

水曜から体調を崩して熱と咳ばかりが続き、せっかくのGWもベッドと仲良しです。
長時間寝ていると腰が痛くなり、少し寝ては少し起き・・・を繰り返しているので、思い立ってこの本を読み始めました。
文珍さんが1999年?2000年?に慶応大学で半年間講座を持っていた内容を、そのまま本にしたものです。学生の前で話したそのままの言葉でかかれているので、まるで私も慶応の学生になった気分で読みすすめることができます。
落語と漫談の違い、、どうして講談ができあがっていったか・・・・浄瑠璃は・・・などと、古典世界のさわりをみることもできます。それが文珍さんの小気味いい語り口で進んでいくのですから、楽しくないわけありません。

鶴瓶さんといい、文珍さんといい、、、本物の「芸」を見たようで、手ごろな「お笑い」ではなく、ちょいと粋にライブで落語を聞きに行きたくなりました。



さて、また熱があがってくるといけないのでベッドに戻ることにします。
スポンサーサイト
笑いの神様が降臨 
あーー、この人は天才だなぁ。
なんて話がうまいんだろう。
今度は落語も見に行きたいな。


チケットがすぐに完売するという「鶴瓶噺」。
2時間、ただひたすら鶴瓶が話をするというものだけど、急遽売り出した立ち見席もいっぱいで・・・。
あんなに声を出して笑ったのは、久しぶりかもしれないなぁ。

たまに、”大声で笑う”ってのは大切かもしれない。
誕生日プレゼントで行ったこの舞台(?)。
サイコーに楽しかった。
来年もがんばってチケットとるぞー!

cw20100427.jpg
サインはVっ 
何事もなく起動できちゃったり、一日中うんともすんとも言わない日もあったり・・・と、まったく安定しない我が家のパソコン。
仕方ないので新調しました。
OSは2世代前から最新のWin7へ。
なんだかさっぱりついていけてません。

パソコンやマウスの反応も良すぎて、マウスはさわったつもりもないのに勝手にクリックしちゃって知らないページがいきなりポーーーーンと現れたりして驚きます。

あるとき自分のブログがみるみる間に小さくなっていってしまい、何を書いてあるのかさえわからない状態になってしまいました。「え?文字の大きさなんて変えてないよ・・・・」なんて思っているのに、文字どころか全体がどんどん小さくこんな状態に・・・。

cw20100421a.jpg

あせる、あせる・・・・。
「どうした?どうした????」

原因はこれ。
cw20100421.jpg

ちょいと2本の指をマウスにおいておいただけ。
指でVサインをつくり、このチョキの状態を開いたり閉じたりするだけで、拡大したり縮小したりしちゃうわけ。
しかもマウスパッドの反応が良すぎて、ほんのちょっと触っただけで、びよーーーーーーーーーーーーんと大きくなったり小さくなったり。
ブログ記事を書いているときとか、特にキーボード入力中にそうなるから、たまげるのなんのって・・・。


美容室のオカマがないことにも驚いたけど、最新ノートパソコンのマウスの動きにもついていけず
「うぇあおーー、あじゃーーあじゃーー」と、大きくなったり小さくなったりするたびに叫んでいる今日この頃。

はぁぁぁぁ。大丈夫だろうか・・・私。
世の中についていけてないよ。


追記
昨日塗った私のネイル。
ゴールドのフレンチに白のライン。それとゴールドのホログラム。
短く折れてしまった小指は深めのフレンチにして長さをカバー。
ベースはベージュにしたので案外派手さはなく、仕事仲間にも好評。
cw20100421b.jpg
♪オカーマかぶってちょいときておくれ 
美容室で私をいつも担当してくれる店長はジャスト30歳(2人の子持ち)。
彼が勧めるので15年ぶりにパーマをかけてみた。


「私、パーマかけるのって15年ぶりだよ」と言うと、
「え?マジっすか?そんとき僕はまだ中学生っすよ」と彼。
彼の横でロットを渡したりとヘルプをしていた若い女の子は
「私は幼稚園でした・・・」。
ちなみに彼女は21歳だそうで・・・

「・・・あ、そう。私はもう結婚してたよ。」


時間の流れ方って、その人によって違うのはなぜなんだろうね。
10年前なんて、私にとってはついこの前って感覚だよ。
だって不安いっぱいでアメリカにわたったのがちょうど10年前だもん。
21歳の彼女なら10年前はまだ11歳、小学生だよね。
そのときから現在までは、すごーく長く感じるだろうにさ。


「15年前のパーマってどんな感じだったんすか?」
と美容室の店長に聞かれる私ってなんなんだろうね。


「え?オカマかぶる~?」

そういや、最近の美容室って店の傍らにオカマって置いてないよね?
昔はロットを巻いたあと、しばらくこのままでお待ちくださーいと言われて
オカマをかぶったもんだよ。
それに、クリーム状のパーマ液をハケみたいので塗りたくるパーマってもうやってないの?
水溶性の液を霧吹きみたいのでシュッシュってかけられただけだったよ。


いやはや・・・
たまにはパーマネントもあててみるもんだねー。
KOKORO 
「心遣い」

相手を思ってココロを砕くこと。気配り・心配り・思いやり・・・・。
そんな意味があるけれど、今日ポストを見てそんな言葉がふっと浮かびました。

私に届いたバースデープレゼント。
「My birthday Book」
365日のうちのたった1日のための本。

cw20100417c.jpg


最初のページにあったこの言葉。
ちゃんとココロに刻みました。
「ゆったりとしたスピードで着々と歩み続けるあなた、
理想の世界を作り上げていくのが使命です。」


ありがとう。Akiちゃん。
大切にします。



新しいパソコンをひとりで買いに行った旦那。
帰りにパソコンとともにこんなものを買って帰ってきました。
ルフトハンザ航空のファーストクラスで出されているシャンパンだそう。
おいしかったです。
40ン本のロウソクは立てないで食べることにします。(笑)
ココロ配りをありがとう。

cw20100417d.jpg


季節外れの雪景色から始まった私の誕生日。
最後は素敵にしめくるることができました。
ありがとう。
いちごみるく 
春のフルーツといえば、ストロベリー・・・ってなイメージ。
バースデーケーキの白いホイップとちょこんとのった苺。
そんなのをイメージしたラメ入りの赤と白のラインのネイル。
美味しそうな指先にしてみました。

cw20100417b.jpg


センイル チュカエ~ 
いやはや、4月だというのにこの景色
驚きますねぇ~。

cw20100417.jpg

4様の映画で「四月の雪」ってのがあったけど、まさにそれですなぁ。
今日は40ン回目のわたくしめの誕生日。
やっぱり4様とつながっているのかねー(←無理やりなこじつけ)。


昨日は友人たちと韓国料理屋で祝い酒。夜遅くまで飲みました。もちろんマッコリで乾杯ですよ。
それで私も久々にホットックを焼いてみました。
バースデーケーキならぬ、バースデーホットックですな・・・

cw20100417a.jpg

あっちっちーの蜜がトロリと溶けでてヤケドしそうです。


それでは韓国語で歌ってみましょう。(ハッピバースデーツゥーユー♪の歌で)

♪センイル チュッカー ハンミダー
 センイル チュッカー ハンミダー
 サラハヌン ウリ madame~
 センイル チュッカー ハンミダー♪
これ・・・いいかも 
昨日から発売されたスタバのインスタントコーヒー「VIA」。
お店で飲めるようなおいしさを手軽に・・・ってのがコンセプトらしいので、どれどれ・・・と早速購入してみた。

20100415.jpg

思っていたより少量の粉が入ったパッケージ。

「こんなんであのスタバのコーヒーが再現できるんだろうか・・・」と半信半疑。

ところがだ。
結構イケる・・・と思う。
もちろん全く同じというわけではないが、私が好きな「濃くてガツンとくる味」は充分満たしていると思う。
(ちなみに飲んだのはEXTRA BOLDのイタリアンロースト)

12本入りで1000円(3本入りは300円)。
1杯84円の計算だ(3本入りの場合は100円)。
会社に置いてあるコーヒーの自動販売機は70円。このおいしさを得られるなら14円を上乗せする価値は充分あると思う。

会社に持っていくもよし。
我が家のように山登りにコーヒー豆とフィルターを持参する人は、かなり荷物が減るのでそういう人にも良し。
今までコーヒー豆の購入にしかスタンプを押してくれなかったビーンズカードにも、VIAは対象になってそこも評価できるところ。
頻繁に買いにいきそうな予感。


ま、あえて苦言を言うならあれですな。
ゴミを減らすためにも、たいそうな外箱は必要ないねってこと。簡素なビニールでいいよって感じ。(もしくはビン詰めとかね)
夏のお弁当 
今年から中学生になった娘さんを持つ友人から、「夏のお弁当はどうしてる?傷みにくいおかずはないかな?」と、メールが来ました。毎日のお弁当に悩みながら一生懸命早起きしている様子が伺えます。

40を過ぎた中年夫婦2人分の弁当作りしかしてないので、可愛いお弁当は作っていませんが、やはり夏場のお弁当には気を使います。私の会社には冷蔵庫があるので会社に行ったらすぐに冷蔵庫に入れ、電子レンジでチンしていただけるので問題ないですが、旦那の会社には弁当を入れておけるような冷蔵庫もなく、もちろん電子レンジもないそう。
弁当を作ってから食べるまで6時間あまり。いくら社内はエアコンが効いているとはいえ真夏は怪しいもんです。

それで今年はこのおかず入れを新調しました。
20100413.jpg

「ジェルクール」という商品です。

何が画期的かというと、フタに秘密があります。

20100413a.jpg

ちょっと厚いフタ。
このフタには保冷材が入っていて、夜に冷凍庫に入れておけばフタをするだけでおかずを数時間保冷してくれるのです。デザインも可愛いし、保冷剤よりは邪魔にならなくていいなぁと思ってます。

ネットや雑貨屋で見つけてずっと注目してた商品だったのだけど、たまたまネット友人(サンノゼにかつて在住)の旦那さんの会社の商品と最近知って、さらにビックリ。不思議な縁だなぁ。


この小さい形以外に、2段のお弁当型(←こっちもめちゃ可愛い)や、クマちゃんの顔をしたものなど色々種類があって迷っちゃうよ。
良ければ、こちらのサイトで確認してみてね。

ジェルクール
散財の予感 
♪こぉ~いの予感が~、ただぁかけぬけるだけぇ~♪

と、安全地帯の歌のように恋の予感がするならいーのだけど、なんだか最近「散財の予感」漂っちゃってる我が家。


まず、家の給湯器が壊れた。シャワーはでるが風呂の追い炊きと床暖房ができない。まだ寒い日もあるのにどーするよ。ガス屋の兄ちゃんは「そろそろ買い替え時期なんですよね。38万~48万です」なんて簡単に言う。
あーそうですか・・・と簡単に40万のカネが用意できるなら、あたしゃ仕事なんてしてないよ。
とりあえず15000円の部品交換でお茶を濁したが、友人に聞けば耐用年数からいって時間の問題らしい。


帰国時に買ったソファーがそろそろやばい。当時家電一式を新調したので、ソファまでカネが行き届かず安物買いしたせいか・・・・。っていうかそろそろ8年だしな。家具屋をまわるも、気に入ったソファは全て15万以上。ムリやで・・・・そんなん。


冷蔵庫の製氷機が去年から「オレは氷なんて作りたくないんじゃ、ボケ!」と氷を作らなくなった。ま、氷がなくても冷凍室は壊れてないし、いっかーーーと騙し騙し使ってるが、なんかある日突然温かい空気が庫内に流れたらどーしよーー。こっちは即日買わないとなぁ。



当時40万以上も出して買った我が家のプラズマテレビが、BSを映さなくなった。
なんでよーーーーーーーーーーーーーー?
いつか地上波も映らなくなるんじゃないかとヒヤヒヤしている。


そして、とうとう我が家のノートパソコンが壊れた。少し前から怪しい雰囲気を漂わせていたので大事なファイルを別に移動していた矢先だった。
はぁぁ~
アメリカで買ったえらく古いデスクトップを急遽起動。英語OSで分かりずらいし遅いし、なんだか久しぶりに引っ張り出したキーボードは、使っていると手がかゆくなる(ダニがいるのか?あー恐ろしい)
これは買うしかないなぁ。


全部買ったらいくらかかるんだ・・・。
サッカーくじでも当たらないかなぁ。(もはや神頼み)



誕生月だから? 

いつも韓国食材を買っているお店から、チョッカラとスッカラ(ハシとスプーン)のセット、それから使い捨てのスプーンカバー200枚が送られて来ました。
こりゃ春から縁起がいいね♪
「当選おめでとうございます」って書いてあったけど、申し込んだっけ?記憶定かじゃないなぁ(^_^;)

韓国料理店に行ったことある人なら、このスプーンカバーは見たことあるよね?家でも使ったら気分は韓国料理店?かな~?(笑)
すっぱーい 
実家の庭に植わっている夏みかんです。ちょうど食べごろなので、数個ドロボウしてきました(笑)。

cw20100401.jpg

最近では、コタツで食べるみかんも夏みかんも何もかも甘いものばかりがスーパーに並ぶでしょ?
実は私・・・・酸っぱいみかんが大好き。
実家の庭になるこの夏みかんは、当然品種改良などされていずたぶん原種に近いので結構酸っぱいのです。この時期は実家に行くと「もう食べれる??」と聞きもらってきてます。


この夏みかんの木・・・・・実は種からできたもの。
幼い私と妹は、市販の夏みかんを食べてそのときに出た種をそのまま庭に埋めたのです。
本人たちも埋めたことを忘れたころ、庭には見覚えの無い木が・・・・。
いつも来ていただいていた庭師さんもびっくり。普通、こんな風に種から木にまで育たないそう・・・。
ただ、このままだと実がならないということで、かなり大きく育ってから実のなる木を庭師さんに接ぎ木(つぎき)していただきました。おかげでもう何十年も毎年たくさんの実をつけるようになった夏みかんの木。

農薬も使わずただひたすら自然に任せたままのこのみかん。ちょいと不細工だけど酸っぱくて美味しいのです。
今日もまた「うひょーー」と酸っぱい顔をしながらいただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。