スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴチになりました 
前日に韓国料理を友人とたらふく食し、ニンニク臭にキムチ臭満載の私。
夜中に自分のニンニク臭で起きてしまうほど・・・。

「すごいクサいよ、、、私。どーしよーどーしよー」

実は友人夫妻宅に夫婦でお呼ばれしていたのだ。

「予定がわかってたんだから、もうちょっと気を使って食べればよかったのに・・・」

・・・おっしゃる通り。逆だったらぎゃーすかぴーすか文句を言ったところだ。
少しでも臭いを軽くしようと、あれこれネットで検索。いいと言われるものを食べたり飲んだり・・・。
コンビニでは口臭消臭タブレットを買い、頻繁に口へ放り込みながら友人宅へ。


朝からいろいろ準備してくれたようで、こんなの自宅で食べれるとは思わなかった・・・。
「鯛の塩釜」

cw20100529b.jpg

鯛が大きくてお皿からはみ出ちゃった。。。(笑)
塩を割って中から出てきた鯛には昆布と大葉の香りがたっぷりついて、うまーい。白い身がふっかふかでした。
割ったところを画像に撮り忘れ一心腐乱に食べちゃったよ。

朴葉味噌で焼いたお肉はめっちゃ柔らかかったし(←これも写真撮り忘れ)、別の友人が作って持ってきた鳥ハム(←これも撮り忘れ)はお酒にバッチリあったし、、、、。たまにこうして友人の作ったものを食すと、いろいろ勉強になるなぁ。自分の料理はマンネリ化するしね。どっちも作り方を伝授してもらったから、なにか機会があったら作ろうかな。

最後に出てきたデザート。
巨大プッチンプリン
固まるまで10時間かかるんだって

cw20100529c.jpg

こんな演出も面白いね。

園ちゃんありがとー。
ご馳走様でした。


・・・・で、私、、、、臭くなかった?大丈夫だった????
スポンサーサイト
New!韓国菓子のススメ 
韓国料理をこよなく愛し、韓国食材、調味料などを常備している私ですが、あまり韓国菓子は好きになれないでいました。パッケージが派手だしこれといっておいしいものに出会えてなかったし。。。。
ま、なにより日本のお菓子がおいしいから他に浮気する理由もないし。


でも、これは別かな?
韓国菓子にしてはめずらしい色合いのパッケージ。
ソウルは清潭洞(=チョンダムドン。ブランド店が軒を連ね金持ちがわんさかいるエリア)にあるウェルビーイングレストラン『Market O』(=マーケット・オー)が‘味とともに健康’というコンセプトで作ったお菓子らしいです。

これはチョコブラウニーの箱。
cw20100529.jpg

つるつるした表面加工したパッケージじゃなくて、クラフト紙っていうかそんな感じの素材のパッケージ。パッケージにもこだわりを感じますねぇ。

中身はっていうと、、、こんな感じ。
cw20100529a.jpg

甘すぎずいい感じ。電子レンジで10秒ぐらいチン♪してアイスクリームを添えると立派なデザートになるんだそう。今度はそれを試してみます。
4個入りで315円(税込)。安い菓子って感じじゃないけど、韓国食材を愛する友人たちにも紹介しようとUPしたよ。どこかで見つけたらゲットしてみてね。

韓国の芸能人も買ってるらしいよ。BIGBANG好きのTちゃん。
ほれ、見てみ。
BIGBANG.jpg
なんかへんな空 
今日埼玉はおかしな天気でした。
朝は、空が青いのに大粒の雨が降ってきたり、そうかと思えば昼間は真夏のような真っ青な空。
そして家に帰ってみればこんな空。

cw20100527.jpg

でもこんな真っ黒な雲の左は、なぜか青空。

cw20100527a.jpg

なんだろねぇ。。。。
いつからそんな子になったの?? 
昨日、ワールドカップ前最後の国内試合(・・・あ、サッカーね)がありました。
日本VS韓国。
友人の友人がテレビ朝日関連・・・とかいう素敵なフレンドシップにより、天気はあいにくのだったものの、めっちゃいい席で観戦できました。

0-2で負けちゃったけどね。

cw20100524.jpg

EXILEのたかひろ??の歌も目の前だったし、韓国の歌手「K」くんも見れたし、私的には得るものがあったから良しとするか(笑)。


今回のワールドカップは盛り上がってないとか、勝てそうもないとかいろいろ言われているわけで・・・。
私も10年ぶりじゃなかろうか・・・・ってぐらい日本代表戦って見に行ってなかったんだよねー。
あんなにサッカーに狂っているダンナでさえ代表にイマイチ興味がそそられないようで、私が友人とこの試合に行くといってもあまりうらやましがらない。(←それはそれで不満。意地悪ヨメだから・・・)

はじめてワールドカップに行ったフランス大会(98年)、毎日徹夜してテレビにかじりつきアメリカから応援していた日韓共催大会(2002年)、そしてどんな卑怯な手を使ってでも行きたいとほざいていたドイツ大会(2006年)、、、、、そんなダンナがテレビ録画をビール片手に(しかも1.5倍速で)流し見してた昨日の試合。
うちのダンナ。。。。いつからそんな子になったの???
ああぁぁぁぁぁ~ 
どれだけお金を積まれても絶対に売るもんか・・・・っていう作品を残して、アメリカで作ったほとんどのシャドウボックスは誰かの手に渡った。

残った中でも思い入れの深いこの作品。処女作を作り終わり、まだ早いと止める先生を振り切り、鼻息もあらく結構大変なこのアントンペック4連を作った。完成したときはどれほどうれしかったことか・・・。
珍しい縦長の額装のこの作品は、帰国しても我が家の壁を飾り続けてきたのに・・・。

ふと気づけば、こんなことに。。。

cw20100521.jpg

底というか天井というかが抜け落ちてあらら、あらら、あららららららら。
これ、、、どうやって額装したかまったく覚えていない。先生の言うがままに作ったんだもの。

後ろを見たらボンドで全部ふさいじゃってある。マジで、、、、????
がびーーーん。直せるかな。




先生はアメリカだもんなぁ。
どこでもドアあったらなー。
お口からでまかせ 
まぁ、ダンナには「口から生まれてきた」とか「よくもまぁ、そう次から次へと嫌味が口から出てくるね」などとは言われるんだけど、でまかせは言ってないつもり。


でもね・・・・、脳で考えたことと違うことを口が言ってる・・・なんてこと、ありまへんか?



寝汗をばっちりかいたダンナのパジャマがベッドサイドに・・・。
あったくよー、こんなとこに置いておくなよぉ~


当然、ダンナに怒ります。
『ちょっと~!こんなとこに置いとかないでよ~。ちゃんと”冷蔵庫”に入れてよねー!』

はぁ~?という顔のダンナ。もちろん我が家では臭いダンナのパジャマを冷蔵庫で保存する習慣はございません。頭の中では”洗濯機”というイメージがちゃんと作られているのですが、なぜか口から出たのは”冷蔵庫”。
こんなこと・・・・最近多くて困ります。


冷蔵庫ぐらいの違いならいいけど、なんか変な誤解されるようなことを口走っちゃいないかと心配になる今日この頃・・・。
おふらんす風ゆうげのススメ 
『ケーク・サレ』・・・ご存知ですかな?
中目黒あたりには専門店もあるとか、ないとか。(いや、あるらしいです(笑))

サレとは塩のこと。甘くない食事用のケーキなんだそうで、フランスではよく食べられているとか・・・。たまたまテレビで見て作ってみたくなり、夕方から作ってみました。

レシピを探してみたら中身はいろいろあるようですが、テレビで見たレシピをとりあえず再現。今日はラタトゥイユ入り。まずはラタトゥイユを作ります。色とりどりできれいだねー。
cw20100513c.jpg


卵と粉、牛乳などが入った生地に冷ましたラタトゥイユを入れて焼き上げます。バターは使わず油分はオリーブオイル。砂糖も入れません。塩分としては塩とチーズ。確かにワインなどに合いそうですな。
焼きたてはケーキそのものだね。でも全然甘い匂いはしない。むしろピザとかを焼いているようなオリーブオイルとチーズの香りがキッチンに充満。
cw20100513a.jpg

今日はワインといただきます。
切り口もきれいだねー。
cw20100513b.jpg

大きなパウンド型より小さめの方がおいしかった。中身はお芋類とかでもいいかも。いろいろ試せそうだね。



こんな日に限って「今日は仕事が遅そうなので、夕飯はいらないよ」などというメールが来る。
明日は弁当箱いっぱいにこれをつめてあげよう。おかず入れにもこれを詰め、ご飯入れにもこれを詰め・・・。(←鬼嫁)
こんなカレーもありですか 
ダンナがテレビで見たらしく食べたいと言い出したので、作ってみた「焼きカレー」。
作り方は簡単。・・・っていうか、テレビを見ていたのはダンナだけなのでダンナの言う通りに作ったので本当はあってるかどうか怪しいもんなんだけどね。

耐熱皿に”カレー”→”ご飯”→”カレー”→”チーズ”の順で重ねて入れて、あとはオーブンで焼くだけ。
いつものライスカレーもいいけど、これはこれでおいしいかもね。

cw20100513.jpg
落ち着くわぁ~ 
なんか気持ちが落ち着かない感じがしたので、久々に台湾茶を入れてみる。
台湾の高山茶。茶葉がまるでうさぎさんの○○みたい・・・(笑)。
これが、本当ぉ~にいい香りがするんだ。

cw20100509.jpg

あっつあつのお湯を茶壷に入れて、茶葉がふっくらとふくらみ開くのを待つ。
茶海に注ぎ、お茶の濃さと温度を調節。最後の最後の一滴まで茶海に注ぐ。
聞香杯はもってないので、飲杯を代用。茶海から注いだお茶を捨て、飲杯に残った残り香だけをまずは楽しむ。
香りを十分楽しんだあと、再度飲杯に注ぐ。口いっぱいに広がる香りと味を楽しむ。

cw20100509a.jpg

来週は凍頂烏龍茶も届く予定。
また、台湾茶を楽しんでみよう。心が落ち着くなぁ。
20年後はどうなるかな 
今日、無事病院に行ってきたわけですが・・・
ふと待合室で思ったこと。


最近は待合室での混雑を避けるためと、待ち時間を少なくするために診察予約ができる病院も多く、私が通うこの病院も『iチケット』なる順番予約システムを導入済み。
時間予約ではなく順番予約なので、予約した順番に診察がすすむ。

この予約システム・・・
パソコンと携帯から予約できるうえ、携帯のメアドを登録しておくと自分の予約番号が近づくとお知らせしてくれるという便利機能つき。もちろん自分からアクセスして、「今、何番を診察中か」、「だいたいの待ち時間が何分か」・・・なども閲覧できる。具合が悪いのに何時間も待合室で待たされるのはたまったものじゃないので、便利なシステムこの上ない・・・・・・・・と思うが、本当にそうだろうか???と思ってしまったのだ。

パソコンや携帯電話での予約ができないような年代の人は、相も変わらず病院の窓口で順番を予約しなければ診察を受けられない。しかも、携帯電話のメアド登録なんてできないお年寄りは、ただひたすら名前を呼ばれるまで待合室で待ち続けているのだ。
後からふいっときて5分も待たずに診察を済ませ、とっとと帰る若者を恨めしく見ながら、ただただ待合室でまだかまだかと待っているしかないのだ。


私はパソコンが家庭に普及しだしたとき、携帯電話が個人に普及しだしたとき、、、、たまたま20代だったので、その変化とそれに伴う多種多様なサービスの変化も、あまり苦労なく受け入れられている。なんとか現在までは。
でも、この先20年。何がどー変わるかなんて誰にもわからない。だって私が中学生のとき、電話にコードがなくなってしかもそれを外に持ち出してどこでも電話が受けられるなんて・・・・、親指ひとつでピポパポして電車の中で買い物したりニュースみたりテレビみたりなんて・・・誰も想像していなかったもの。


私が70歳や80歳になったとき、安心して病院に通えるだろうか?
受付嬢なんていなくなって、ロボットみたいな受付マシンに
『エラーです。エラーです。ハイパーホスピタルカードとIDカードをスキャンして予約シリアルコードをエントリーしてください。10秒以内にリスキャンしないと○×△エラーにつきシステムクローズします』とか小難しいこと言われてあたふたしちゃうんじゃないだろうか・・・と、なんだか心配になってしまったのだ。


待合室で長く待つ人に申し訳ない気持ちになりながら、すんなり診療をすませた私はなんだか暗い気分になって帰宅したのでした。
赤く咲くのはけしの花~ 
かれこれ1週間、咳が止まりません。
GWってことで病院が休みなので、行きたくても病院に行けず、市販の咳止めをもう何箱も空にしてます。
とうとう、おとといぐらいから本格的に声がでなくなりました。

普段からぎゃーすかうるさい私が、内緒話みたいな声しか出せないので、ダンナは心配しているフリして実は喜んでいるかもしれません。

熱はないので元気といえば元気なのですが、いったん咳が出だすと呼吸困難みたいな感じになってちょっとしたパニック状態になります。GWは予定していた行事はすべてできず(今日もレッズ戦に行けなかった)、明日も仕事は休むことになりそうです。


私が病気になってわかったこと。
1.ダンナがいっさい家事ができないので、家のことがすべてストップする。
2.「なんでもいいから作って・・・」とは言ったけど、この咳がとまらない私に韓国の辛いラーメンを作ろうとするダンナの感性。
3.咳がやっと止まってやっと寝付いた寝室の電気を躊躇なくつけて、本を読もうとするダンナの神経。


ま、そんな感じっす。


♪どー咲きゃぁいいのさ、この私ぃ~。咳は夜ひどいぃ~。・・・ごほっっ、ごほっっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。