スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブゴクスープ、、、作ってみました 
美肌効果があるとか、デトックス効果があるとか・・・で、最近なにかと取り上げられる韓国の「ブゴクスープ」。作ってみました。
ブゴク・・・とは干しダラのこと。干しダラとダシダスープ(←韓国料理にはかかせない粉末のスープ)があれば、ほぼ誰でもできる簡単スープです。

今回、私が使った材料はこれだけ。。。。

cw20100831.jpg

割いて水でもどした干しダラ、にら、ねぎ、豆もやし、卵。
干しダラをゴマ油で炒めて、そこにダシダスープをそそいで、あとは野菜を入れて煮込むだけ。
塩で味を整えたら、溶いた卵をまわしいれて完成~。

cw20100831a.jpg



う~ん・・・。
韓国料理=辛いけど、旨み凝縮~・・・なイメージが、体の中に作られているので、
うすぼんやりしたやさしいお魚味のスープは、途中から飽きてしまって・・・。
madame風に、辛いスープにしたらどーだろうなぁ?
干しダラのエキスを生かしつつ、辛くてかぁぁぁ~とするスープを考案することにします。
次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
月がとっても綺麗だから 
思わずカメラを出してきた。
カメラを手にするのも久しぶり。

cw20100825.jpg
プライベート記事 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
こんな話ばかりでごめんなさい 
父の死をブログのネタばかりにする悪い娘です。。。。

でも、私の今の心のほぼ全てを占領するのは、父のこと。
もし、このブログがずっと残るものならば、
「あのとき、私はどんな風に思っていたのか・・・・」
あとから思い返せるように、残しておくのも
父への供養になるんじゃないか・・・
そう思って、思ったことを残しておきたいと思っています。


父の死から10日あまりたったこの週末。
葬儀の司会者から、お花が届きました。
「別の通夜があって、家にお邪魔できなくて残念です」

葬儀の司会進行をした全ての遺族に送っているとは思えません。
おそらくポケットマネーでしょう。
彼女にとって父の葬儀は「仕事」ではなかった・・・という証拠
なんじゃないか・・・と。

母の体調を気遣うメッセージには、涙がでました。




遠くアメリカから、エアメールが届きました。
彼女の律儀な性格がにじみでる丁寧な文字 
ひともじひともじが心に染み渡ります。
「あなたは 大好きなお父さんのご自慢の娘。
 愛しくてかわいい かけがえのない宝物。
 それはずーーーっと続きます」

思わず、手紙を抱きしめました。


たった一度しか会ったことのない
友達の友達。
私への連絡手段といえば、インターネットだけ。
その唯一の手段を使って、
「家族みんなが元気で幸せでいることが
 何よりの供養です」と、元気をくれました。
お礼をじかに言いたいのに、その返信がインターネット
だってのが、もどかしい・・・。




こうした周りの人の温かさがあって、
私は生きているのだと・・・・
そう気づかされ、
そういう人に私もなりたいと、
本当にそう思うのです。
・・・くっ 
やさしい言葉とかかけられると、
泣きそうになる。


何も言わずに抱きしめて、
背中をぽんぽんしてくれた彼女。

奥歯でほっぺを噛まなかったら
その場で泣いてたかも。


こういうときに、
色んなことがわかる。
本当に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。