スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと遅れてやってきた 
東北に住んでいる義母から、皮付きの生の筍、そしてチョウブキが宅配便で送られてきました。
関東では筍(タケノコ)と言えば『孟宗竹(もうそうちく)』のタケノコで、太くて柔らかいのが特徴。だいたい旬は3月・4月ぐらい・・・でしょうか?
ところが東北地方では、『根曲がり竹』という細い筍が主流のようで・・・・。(地方によって姫竹とか細竹とかいうようですが、詳しくは知りません(^_^;) あしからず) どうやら5月・6月あたりが旬のようです。

cw20080606.jpg


友人が掘ったものを頂いた・・・ということでお裾分け。孟宗竹は皮つきのまま下茹で処理したりするけど、これは皮をむいて下茹でしろ・・・というので、剥いてみるとまるでアスパラのように色白娘。孟宗竹の筍よりアクが少なくて歯ごたえもいいようです
cw20080606a.jpg

たくさんもらったので一部は煮物にし、一部は皮付きのままグリルで焼いてホクホクのところを我が家自慢の手作り味噌をつけていただきました。うふふ・・・美味♪

そして庭先に植えてあったというチョウブキも大量に・・・・。(庭先になんて植えてあったかな?全く気づかなかったけどなぁぁぁ。
スーパーなんかに売ってるフキより細くて、キャラブキみたいに甘辛く煮たらおいしいのかも・・・。細くて大量にあったので皮むきが大変だったけど、とりあえず鰹節だけで煮てみました。ほの苦い味もまた春の香りがして格別。フキの煮物はに合います♪

cw20080606b.jpg

少し遅くきた東北の春を、埼玉で味わっています。
 
ゴン太 #-
たけのこ~ 
こんばんは。お久しぶりでございます。
東北出身なのでついつい反応してしまいました・・・このタケノコを焼いてから
七味とマヨネーズを混ぜた物をつけてもおいしいですよ。
母がよく作ってくれた料理はタケノコをうす切り(?)した物・豚薄切り肉・白滝・高野豆腐・椎茸を醤油ベースで煮る(東北だと八方汁とか言うだし醤油???あっ出身地がばれてしまう~!!!)と。けっこうおいしいですよ。
ふきと薩摩揚げを薄切りにした物をやはり醤油ベースで煮る・・・
お試しあれ~。


それにしても・・・このお皿いいですね~。私も欲しい!
でも、最近はeBayから遠のいている私なので・・・又アンティークショップでも廻ろうかしらね???
madame #-
>ゴン太さん 
こんにちわ(・・・です、日本では・・・笑)。
うわーー、マヨ&七味ですか・・・・。あちゃーー、全部食べてしまったー。来年また送ってもらったら再挑戦してみます。
で、お母様が作ってくれた料理というのは「けの汁」・・・ですかね?
そして、八方汁というのはワダカンっていうその地方では超有名な醤油会社のものでは????
ちなみに主人の実家はそのワダカンの本社がある県です。(^_^;)
もしやお近くじゃないでしょうか???

なんだかこう運命というかヒトのつながり・・・みたいなものを感じますね。

フットボールプラッターは本当に探していたので、ゲットできてうれしいです。埼玉では今週、骨董市が開かれました。少しだけまたコレクションを増やしました。機会があったらUPしますね。まだまだ勉強中ですが、少しづつ増えていく棚を見ながらうっとりしています。
ゴン太 #-
同じだ~♪ 
こんば・・・こんにちは。
なっなんと「八方汁」をしっていましたか~。実家はその県と同じ名前の市です。家の兄が旦那様と同じところに住んでいます~。
母が作ってくれた料理は「タケノコ煮」と呼んでいました。
「けの汁」は大根他根菜類・こんにゃく・ふき・ワラビなどを味噌で味付けした物ですね・・・あ~、書いていたら食べたくなってしまった。たしか缶詰が売っているそうですよ。

>なんだかこう運命というかヒトのつながり・・・みたいなものを感じますね。
本当、そうですね。同じ県出身とわかったらとても親近感がわいてきました。

madameさんのコレクションを見ることを楽しみにしています。
私も頑張ってまた集めようかな~。
madame #-
>ゴン太さん 
ふふふ・・・・やはり同郷だったのですね。
義母はあまり料理上手ではないようですから、手作りの「けの汁」は食べたことがないのですが、缶詰はよく頂きます。おいしいですよね。私もこういう素朴な食べ物が大好きです。ちょっと場所が離れますが、せんべい汁も初めて食べたときは目からウロコでした。東北はおいしいものが多いです♪

v-61の調達が難しいために、なかなか増えないコレクションですが、ゆっくり楽しみながら集めてます。また色々教えてくださいね~。


秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。