スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我買台湾的土産 
タイトルは正しい言語と思えないけど、その辺はご容赦を。(*^_^*)

さて、台湾では色んなものを買ってきましたが、そのうちいくつかをご紹介。


これはチャイニーズシューズ。この靴屋さん、ガイドブックには載ってなかったんだけど、出国する前にインターネットのクチコミを見て訪れました。チャイニーズシューズ専門の靴屋さんです。
お店に入るなり、「きゃーー、これもあれも欲しい~」と叫んだほど可愛いシューズが棚にありました。



チャイナドレスみたいな感じでしょ?
光沢のある生地に綺麗な刺繍がほどこされています。
cw20091127a.jpg

こっちはビロード生地に刺繍。ぺったんこの底のこの靴は年齢的にきつい??と思ったけど、ジーンズに合わせるとめっちゃ可愛いのです。
流行りのカラータイツにも合いそうです。
cw20091127b.jpg


台湾の多くの人の腕にはパワーストーンがつけられていました。石のチカラを信じているのかな?
水晶が安かったです。名産なのかしらん???
お店のおばちゃんが私を見るなり、「人間関係をよくするこれがアナタに合うよ」と出してくれたこのピンク色をした水晶。
・・・なんか絶句しそうでした。このおばちゃんを信じちゃいたくなる洞察力。。。
よほど人間関係に困っている顔をしていたのかしら・・・・私。
迷わずゲット。心なしか心が落ち着きます。願いが成就するということで有名な龍山寺で、このブレスレットを清めてきました。効果あるといいな・・・。

cw20091127c.jpg
神戸に行ったときに、買いはぐった茶器。
台湾の方が茶器があるよ・・・とアドバイスももらったし、これはやはりゲットしなくては・・・。
茶器のお店はとにかく色々回りました。気に入る柄がなかったり、気に入った柄があってもセットで揃わなかったり・・・・と、足が疲れるほど歩いて最後に買った茶器セットがコレ。

cw20091127d.jpg

白い磁器に福を招く絵柄・・・と思ってたのに、結局買ったのはお茶の香りが最も出るという、紫砂で作った無釉の焼き物。予算ばりばりオーバーでした。
(神戸で見た茶器セットの5倍の値段です・・・・旦那ごめんね)

我が家のダイニングテーブルは白とダークブラウンのコントラストなので、それにものすごく合います。

cw20091127e.jpg

柄が無いようにも見えますが、実は風と雲という自然を題材にした柄が刻まれています。
茶壷(急須みたいなもの、一番奥)には雲が、茶海(茶杯にお茶をそそぐもの、右手前)には風が、そして茶杯(おちょこみたいな小さな茶碗)と茶托には風に吹かれる雲がデザインされています。
手にしたときの土のやさしさがまたいー感じです。
本当は「聞香杯」という、香りだけを楽しむ杯も欲しかったけど、そこまですると本格的に茶道を勉強しないと道具がもったいないよな・・・と思って諦めました。
お道具の使い方も教えてもらい、大事に持って帰ってきました(旦那が)。


そして海外に行くと必ず行く地元のスーパー。
ここでちょっと食材を買いました。
仕事で台湾に50回は来た・・・という日本人ご夫妻と知り合い、その人から教えてもらった「鮮切辣椒」。台湾の人はこの薬味?を何にでも入れるというのです。お醤油と黒酢とこれを入れたタレにシュウマイや餃子を漬けて食べるとおいしいよ・・・と教えてもらいました。
試してみたいと思います。

cw20091127f.jpg


これ以外にもあれこれ買って、買い物三昧でした。
終日 荷物係になってくれた旦那に謝謝。
 
Aki #-
 
私の友達に、人のオーラが見えるっていう人がいるのだけど、その人曰く、宝石売り場にいる人って、オーラがすごくきれいなんだって。
きっと、触ってる石の力をもらってるんだと思うって言ってるから、本当にいいんだと思うよ。

でも、そのおばちゃんすごいね。
きっと、石と人間を仲介するのが天職なんだろうね。
そういう人に、私もぴったりな石、見つけてもらいたいな。

ちなみに私は、合わないせいか、ダイヤのブレスレットから水晶のお念珠まで、身に着けると切れるの。

一度、嫌なパワーをくれようとした人がいて、気に入って買ったお念珠が穢れたらいやだから外そうと思ったら、飛び散ったことがあった。
あの瞬間はすごかったよ。
きっと石が、私の嫌って思いを受け取って犠牲になってくれたんだと思って、拾い集めてお焚上げに持って行ったよ。

なので、着け続けられるお念珠にまだ巡り逢ってないの・・・
madame #-
Re: タイトルなし 
■Aki嬢

ひょへーー!v-405
飛び散ったとな・・・。すごいパワーだね。

台湾の人は運気を呼び込むものとして石のパワーを信じているみたいよ。
現地ガイドさんの腕に巻かれていたのは、ゴールデンルチルっていって金髪が中に入り込んだような水晶だった。これは高いらしいけどね、お金を呼び込んだり幸せや運を呼び込んだりするんだって。

休暇に入る前はとにかく悩んでいたから、思わずおばちゃんの言葉にすがって購入しちゃったんだけど、”これがあるんだから悪い方にはいかない・・・”なんて感じで自分を落ち着かせることができるんだったら、それはそれで買った甲斐があるんじゃないかな。。。と

いい出会いがあって幸せになれたら、また訪台しないとね。
龍山寺にお礼しに・・・・、それからあのおばちゃんにも会いにいかないといけないかな(笑)。
きりり #-
 
お土産の数々を写真に食い入るようにして見たよ。こっちまで「なるほどなるほど!」と旅から帰ってきたような気分になるね。
まずは、靴。刺繍も綺麗、形もいいし、ヒールのところも素敵。ぺったんこ靴もタイツ、スカートにも、Gパンにもめちゃ可愛らしくはけそうだね。不思議な御利益ありそうなブレスレットもmadameによく似合う色合いだと思うし、茶器・・高級そう!中国茶の正式ないれかたって、全く知らないんだけど、急須がふたつ必要なのか?
madameに美味しい中国茶をご馳走してもらいたいよ。そして、最後は恒例の食品群!しかも、地元の人が買うようなものの数々。いいねぇ!こういうの。おかげで、頭の中が台湾になってるよ。
ところで、小籠包は、黒酢にショウガの千切り入りのたれで食べたの?
madame #-
 
■きりり

女って買い物好きだよねー。
どんだけ買っても「まだなんか買えるもんないかなぁ~」なんて目だけは泳いでいるからさ。(笑)

中国茶だけどね。
私も正式に習ったわけじゃなくて、お店の人に教えてもらっただけだけど・・・。
日本茶は沸騰したお湯じゃなくて70℃とか80度とかちょいと冷ましたお湯で作るじゃない?ところが、中国茶(今回は烏龍茶ね)は100℃のお湯で作るんだって。
まず茶壷(日本の急須みたいの)に茶葉を入れて沸騰したお湯を入れて1分。そしたらそのお茶を茶海(急須より一回り大きいポット型のもの)に茶漉しを使って移す。ここで少しお湯が冷めるんだと思うんだよね、きっと・・・。茶葉の違いなんだろうかね?出る温度が違うとか。

それから、この茶海を使ってそれぞれの茶杯(茶碗)についで頂く・・・と。だから急須みたいのが2つあるんだよ。
これ以外に聞香杯っていう口が細~い杯があるのね。これがある場合は茶海からまず聞香杯に注いで、次にその聞香杯から茶杯に注ぎなおす。飲むのは茶杯から、杯に残った残り香を楽しむのが聞香杯・・・というわけ。
風流だよね、茶道。。。

>>小籠包は、黒酢にショウガの千切り入りのたれで食べたの?

そうそう、その通り。
ショウガはお替りしちゃった(笑)。
きりりの小籠包も食べてみたいものよのー。
やや #-
 
ショウガお替りするする。
口の中の皮がめくれようとも、あつあつが食べたいよね・・・

ところで、茶器とダイニングテーブルを揃えてオーダーしたみたいで、めっちゃええカンジやわぁ。

我欲訪台湾再・・・すんまそん!
madame #-
 
■ややきっちん

やっぱ、お替りするかー(笑)。
何も言わなくても、無くなったのを見計らっておばちゃんが持ってきてくれたよ。
隣のテーブルには、日本から来たビジネスマンの団体?みたいのがいてね。お替り欲しいって言われたらしく、おばちゃんはショウガをマグカップみたいので持ってきてそこに直接黒酢入れてた。それをそれぞれが自分の皿にお替りしててさ・・・。なんか笑ったよ。

今日、茶器を初めて使ってお茶をいれてみたよ。これで飲むだけでなんだか美味しい気がするから不思議だよね。
日本の万古焼きの急須みたいに、使えば使うほど光沢と味わいが増すんじゃないか・・・と、今から楽しみ。

我楽飲茶
好吃!!

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。