スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・予想だにしなかった 
Gluhwein

ご存知かな?
グリューワインと読むんだそうだ。ドイツ語読みではグルーヴァインと発音するようだけど、これはいわゆるホットワイン。温めて飲むワインなのだ。ドイツでは冬になるとこれをよく飲むらしい。家で家族と・・・ってのももちろんあるけど、クリスマスの買い出しにみんなが集まるマルクト(=市場、マルシェ)でも大きな鍋で温められて売られていて、買い物帰りにちょいと1杯・・・なんてこともあるんだそうだ。私が買ったこのワインにはすでにアニス、チョウジ、シナモンなどのスパイスが入っているのだけど、本場ドイツではもちろん家で手作りも・・・。


cw20091215.jpg

酒飲みにとったら、ワインを温めるなんて、「おいおい・・・」って感じだけど、温めることによって香りが豊かになるらしい。このワインを鍋に開けて温めて、好みによりフルーツやスパイスなんかを入れて小さなマグに注いで飲む・・・。ドイツの寒い冬でも体が芯から温まりそうだね。・・・そんな素敵なワイン

これを飲みたくて注文したのは、禁酒前。
まさか今頃届くなんてね。。。。。。

普通のフルボトル(750ml)より少し大きめの1000mlボトル。
これが2本。。。。。


あぁ、それなのに・・・。



クリスマスに我が家にどやどやと集まる我が友たちよ。
キミ達の胃袋と心とカラダを温める、、、素敵なワインだよ。楽しみにしていたまえ。




あたしゃ、鍋で2リットルを温める係か、くーーーーーーーーーーー
 
きりり #-
 
あーー。ホットワイン、好き好き!
つま先まで温まるんだよね。
禁酒中に2リットルを鍋でぐつぐつさせなければ
ならないのは気の毒だが・・
きっと、なんともいえない香りが立ちこめるわよ。
ワインとスパイス類の香りだけで
ぐーーーっと我慢じゃ!
ところで、このワインのラベル、
クリスマス気分にさせてくれるよね。
madame #-
 
■きりり

クリスマスっぽいラベル。温かいワイン。大好きなスパイスの香り・・・。

なんで、なんで、なんで私だけ飲めない・・・。
もういっそアルコール禁止のパーティにしたろかっ!みたいな気分なのだ。(猛反対を食らうと思うけど)
ちょっとだけ飲んじゃおうかなぁ。(意思弱いしv-388・・・私)

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。