スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああぁぁぁぁぁ~ 
どれだけお金を積まれても絶対に売るもんか・・・・っていう作品を残して、アメリカで作ったほとんどのシャドウボックスは誰かの手に渡った。

残った中でも思い入れの深いこの作品。処女作を作り終わり、まだ早いと止める先生を振り切り、鼻息もあらく結構大変なこのアントンペック4連を作った。完成したときはどれほどうれしかったことか・・・。
珍しい縦長の額装のこの作品は、帰国しても我が家の壁を飾り続けてきたのに・・・。

ふと気づけば、こんなことに。。。

cw20100521.jpg

底というか天井というかが抜け落ちてあらら、あらら、あららららららら。
これ、、、どうやって額装したかまったく覚えていない。先生の言うがままに作ったんだもの。

後ろを見たらボンドで全部ふさいじゃってある。マジで、、、、????
がびーーーん。直せるかな。




先生はアメリカだもんなぁ。
どこでもドアあったらなー。
 
きりり #-
 
せっかくの作品が・・あららら。
が!きっと、どうにかする技があるはず。
ほらほら・・madameのことだから
「さて!!どんな手を使って修理するかな?」
と、少しワクワクする闘志みたいなものが
芽生えてるのではないか?
どーーーーしてもうまくいかなけりゃ
先生に連絡してお知恵拝借してみ。
必要なら私がひとっ走りしてくるぞ。

ちなみに我が家にある”君の作品”は
どこも剥がれることも外れることもなく
元気でいるよ。
madame #-
 
■きりり

自力でなんとかせねばならないなぁ。
とりあえず来週あたり、材料買いに行かないと・・・。
ずいぶんとシャドウはやってないから、グルーだなんだはガビガビになっているだろう・・・。(泣)

そっか・・・君んとこのシャドウはまだ無事か・・・。
なんか稚拙な作品をあげたんだよなー。いつか大作を届けに美国に行かなきゃな。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。