スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな口をたたいてもいいかしら? 
午前3時半に目覚ましをセットして、早めに就寝・・・。
起きてすぐにマンションのベランダから外を見れば、結構な数の部屋に電気が・・・。
さすが、サッカーの街「URAWA」だね。

4年に一度のワールドカップ
今回は盛り上がりに欠けるとか、岡田さんじゃだめだとか、私もちょいちょい言ってたし、なによりメディアもけちょんけちょんだったのに、フタをあけてみれば渋谷で馬鹿騒ぎするほどの大盛り上がり。

色々とメディアに叩かれながらも、ビッグマウスのH田選手は2得点、2試合の勝利に貢献。それまでH田選手なんて名前も知らなかった渋谷のギャルまでもが知ることとなった。
こういう選手が実は私は好きなのだ。大人しくまじめな差しさわりのない優等生的なコメントをする選手より、自分を追い込むようなビッグマウスの選手の方が、どれほど大変か・・・。
かつてイチローも日本ではメディア嫌いで有名だった。それゆえ叩かれたことも数知れないだろう。記者は文章で仕返しするものだし・・・。それがアメリカであの活躍。メジャーリーグで数々の歴史を塗り替えた。

こういう選手だからこそ、海外で活躍できるのかもしれない。


渋谷で馬鹿騒ぎする、なんちゃってサポーター。本当は「サポーター」などと呼んでほしくない。
彼らはきっとサッカーなど愛していない。
ただただ騒ぎたいだけなのだと思う。

若者よ。もっと自分に厳しく生きておくれ。
H田選手やイチローが、ストイックなほど自分を上へ上へと押し上げる、、、そんな気概を見習って・・・。


ワールドカップというサッカーの世界では大舞台のこのカップ戦。
試合の勝敗に興奮し、世界の一流選手のすばらしいプレーに感激する、、、、サッカーをこよなく愛する人たちにとっては、4年にたった一度しかないこの大切な1ヶ月。
渋谷で馬鹿騒ぎする若者だけを追ってないでよ。メディアの皆さん。
注目するところはそこじゃありませんよ。



・・・・と、日本のベスト16を喜びながらもメディアにうんざりしているサッカーファンのひとりごとです。
 
ややちん #-
 
昨日、美容院に行くときに渋谷で乗換したらば、昼過ぎからユニ着た若者がいたよ。
はたしてサッカー好きなのか?と大きな疑問を抱いて通り過ぎた後、
いつもカットしてくれる20代後半と思われるおにいちゃんとサッカー話に花が咲き
「今夜、渋谷とか行かないの?」と問うたところ
「ボクは家で一人で集中して応援します。騒がしいところは苦手です。」
午後9時までお仕事をこなし、さっさと家に帰るそうだ。もちろん高感度アーップ!

ビッグマウスで自らを鼓舞し、有言実行を成し遂げる若者、そして遠いところからそんな選手たちを真剣に後押ししようとしている若者、こういう人々が増えてくれたらサッカー好きなおばちゃんも安心できるのですが。。
madame #-
 
■ややちん

んだ、んだ。本当のサポーターはあんな騒がしいところで応援しないよ。現地に行くか、少人数のサポーター仲間と観戦するか・・・。まだスタジアムのパブリックビューイングに足を運ぶ人の方がサッカー好きだと思うし。
結局あれだ。テレビカメラが来て「すごいサポーターの数ですっ!!」とかわざと興奮ぎみにインタビューする人がいるからまたさらにミーちゃんハーちゃんが集まってくるんだしな。

・・・などと、イカの燻製をかじりながらテレビをみてくだくだ言ってるおばちゃんを許しておくれ。
ま、何はともあれ、決勝リーグ進出ばんざーーい!!だけどね(笑)。試合は燃えたぜ!!いえーーい!!
Aki #-
興味がないの 
私は、全然サッカーに興味がないので、とりあえず結果をチェックするくらい。
子供の頃、スポーツ少年団に入っていて、女の子はバレーボール、男の子はサッカーしか、チームがなかったのだけど、サッカーはひとつ下に有力な子が何人かいて(1人はJリーグ創設当時、とこかにいたよ)、大きな大会に出る時なんか、応援に行ったけど、その時から全然興奮しなかったし、面白いと思わなかったの。
だから、オリンピックよりこっちの方が、世界中で観戦する人が多いと言われても、私は興味ないので・・・と思っちゃうの。
でも、オリンピックでもそうだけど、ルールも知らない、選手も全然知らない人間が、勝った時だけはしゃぐ姿は、見苦しいよね。
他にするっことないんだろうなぁ、寂しい人生だねって上から目線でおもいっきり同情しちゃうよ。
Aki #-
赤い軍団に在籍してたよ 
曺 貴裁って知ってる?
'94 '95にいたみたい。
madame #-
 
■Akiちゃん

ま、スポーツに限らず自分の興味のあるもの・自分が好きなもの以外は、誰に何を言われようと興味がわかないし面白くないのは当然のこと。
私がバレーボールのルールや面白さを知らないのと同じで・・ね。(いつの間にかひとりだけユニフォームが違っていて驚いたもの)

ルールなんて知らなくても、どんな競技でどんな戦い方をしたら勝てるのか・・・そんなことを知らなくてもそれはそれでいーんだ。スポーツなんて楽に楽しめるものだもの。自分がするにしても観戦するにしても・・・ね。
でも、嫌なのはお祭りのときだけ馬鹿騒ぎしている人と、それをクローズアップして変なナショナリズムを煽る人たち。それが嫌なんだよねー。

サッカーなんてテレビ中継もなかった20年前。その頃からずっとただサッカーを見続けてきた人にとっては、どんな風に映っているのかな?今の状況は・・・・。
私もまだ、サッカーを見出して16、7年だからね。ミーハーなうちに入るかもしれないけどね(笑)。


曹貴裁という韓国人だね。たぶん、私が浦和の試合に足を運び出した頃だ。まだ選手の顔と名前が一致してない頃だなー。全然記憶がない。ダンナはきっと知ってるだろうな。三菱の頃から知ってるからね。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。