スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィークエンドハイカーになってみた 
久しぶりに山歩きでもしてみるか・・・と。
でも相変わらず無計画で思いつき夫婦なので、当然ながら3連休の2日前になど泊まるところはどこにも無し。
ま、日帰りでいーーーんじゃね?というわけで、
朝・・っつーか深夜2時45分に起きて、土鍋でご飯を炊きおにぎり作成。
これを持って午前4時、さぁ出発~!

途中、事故渋滞に30分ほど巻き込まれるものの、ロープウェイの始発8:20分に間に合う。
長野は蓼科のロープウェイで一気に2237m、雲上の人となったわけです。
cw20100919.jpg


目指すのは、ここから標高差約200mの「北横岳」。
途中、こんなごろごろしたところも登りますが、概ね順調にヒュッテに到着。
cw20100919a.jpg
(モデル:madame)

北横岳ヒュッテ
   ↓
cw20100919b.jpg  なんで天狗なんだろ?

ここから北横岳山頂まではすぐ。
360度のパノラマを堪能できます。
針葉樹林が枯れたところと緑のところが縞模様になっている「縞枯現象」があり、学術的にも珍しく価値のあるところらしいです。
cw20100919c.jpg


ここで引き返す予定だったのに、なんだかまだ体力的に余裕があると勘違いした馬鹿夫婦は、無謀にも三ツ岳に行こうと試みました。

三ツ岳への分岐点の看板には「岩場あり。軽装では入らないでください」とは書いてあったものの、
ま、トレッキングシューズも履いてるしねみたいに舐めていた馬鹿夫婦です。

cw20100919d.jpg
(モデル:他のご夫婦)

こんな岩場でした。途中 鎖場もあり、
「この鎖から手を離したら、崖から下に落ちるぅぅぅ」と、必死に鎖にしがみつきました。

上の画像ではたいした大きさに見えないかもしれませんが、
ひとつひとつの岩は実はこんなに大きいのよー。
    ↓
cw20100919e.jpg
(モデル:知らない人)

必死に降りてきて、途中の看板を見れば三ツ岳のところに
「事故多し、熟練者向き」と書いてありました。
なんちゃってハイカーの馬鹿夫婦向きでなかったことだけは確かなようです。(笑)

cw20100919f.jpg

泣きそうになりながら岩場を降りてきたあと
この景色が見えたときには、ほっとしました。
このエリアは板で歩道が舗装されていているので、歩きやすーーい。

最後に縞枯山荘で一休みする人も・・・。
ウッドデッキで珈琲を飲むのは最高だねぇぇ。

cw20100919g.jpg


帰りは連休の高速道路・・・・軒並み渋滞の嵐。
すでに21時間は起きてるよ・・・と言いながら眠い目をこすりつつ、なんとか無事に我が家に到着。
40代の運動不足の体にはちょいとキツイものの、なかなか充実したウィークエンドハイクとなりました。

そして、あちこち筋肉痛のお土産付。
 
Aki #-
ああ、勘違い 
madameってば、風流に俳句を詠んで、そんな自分をオシャレに表現したんだわv-238と思ったよ・・・

楽しい時間をより素敵なものにするために、土鍋で焚いたご飯でおにぎりを作るっていう、そういうこだわりのある、madameがとても好きよ。
madame #-
 
■Akiちゃん

ははは・・・(笑)、「ウィークエンド俳句」ね。
風流に山で俳句でも詠めたら素敵だけどね。そんな才能ないからなぁ~(笑)。

おかずはこだわらないけど、食事の基本「ご飯」と「お味噌汁」にはこだわるの。土鍋ご飯、、、これを山のおいしい空気の中で食べるとまた格別よぉぉぉ♪
ローズマリー #R28LnMHU
 
わたしも8月の初旬に蓼科行ったよー。
山のぼりじゃないけどね。
寒くなかった?
8月の真夏でも、朝晩は寒いぐらいだったよ。

トレッキング…アメリカを思い出すわ。
madame #-
 
■ローズマリー

実はさ、三ツ岳の岩場を登ってるときに
「ローズマリー家と一緒に言ったヨセミテを思い出すねー。ローズマリー夫が一番最初の岩場で足をくじいたよね、確か」・・・と、言ってたんだよ。懐かしいでしょ?

頂上は少し風が冷たかったけど、あとは半そででも十分なほど日差しが強かったよ。
でも風は心地よかった~。


秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。