スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュージーランドのおもひで(1) 
1/31に日本を出発し、7泊9日のニュージーランドへの旅。
「行きたい!」と思ってから7年。やっと実現です。
写真は全部で1200枚あまり・・・。全部見るだけでも時間がかかりました(笑)。

その中から4、5枚と思ったけど、なかなか絞りきれず・・・。
その1からそのいくつになるか分からないけど、ニュージーランドで撮った写真を紹介していきますね。


ニュージーランドは、北島と南島という大きな2つの島と周辺の小さな島々からなる島国です。面積は日本の7割程度ですが人口はたったの430万人しかいないそうです。横浜市の人口が370万人ぐらいと言うのでそれよりちょい多いぐらいです。だから、どこへ行ってもゆったりとした感じがします。前日まで東京の人ごみの中で働いている旦那は、そのゆったり感に癒されたかもしれません。(埼玉はまぁまぁ田舎なので・・・ね)

まず、成田から11時間。北島の玄関口オークランド国際空港へ到着。(アメリカはカリフォルニア州のオークランドへはたびたび行ったけど そのスペルは「Oakland」。ところがNZのオークランドは「Auckland」でした。なんか不思議。)
そのオークランドから、私たちの目的「南島」はクイーンズタウンまで国内線で移動です。
南島は、サザン・アルプス、氷河、フィヨルドといった手付かずの大自然が楽しめる島です。


一番最初に訪れた街「クイーンズタウン」。
ワカティブ湖という大きな湖とその向こうにサザン・アルプスを望む観光都市です。この街からトレッキングやボート、乗馬やゴルフなどに出かけるため、色んなレジャーを楽しむため世界中から旅行者が集まるようです。
そう・・・女王の名にふさわしい街だったかもしれません。

cw20110212.jpg

これはホテルの部屋から撮った写真です。
今回、このワカティブ湖を望むレイクビューの部屋を取りました。誰にも邪魔されることなく、湖と山並を見ることができました。

早朝の湖。みんなお散歩してます。。。。

cw20110212aa.jpg

2日目はクイーンズタウンからバスで移動しテ・アナウの街へ。
ミルフォードトラックという、ブナの原生林を歩くトレッキングへ。
ここは、全長50数キロという長いトレッキングコース。5泊とかで歩くすごいコースですが、我が家はワンデートリップの11kmを歩きました。この山は、入山がかなり厳しく規制されていて一日に入山できる人数を限定しているのです。夏(今ね。南半球だから)は、半年前から埋まるという人気ぶりだそうで・・・。現地ガイドが案内してくれます。これが楽しかったぁ~。

まずは、トレッキング入り口まではテ・アナウ湖をボートで渡り、、、

cw20110212a.jpg

こんな整備された路もあったりして、、、。

cw20110212b.jpg

いつか全工程を歩けたらいーのだけどね。

現地ガイドのローラ。とっても明るくて元気なガイドさんでした。
ゆっくり英語を話してくれたので、終始楽しく歩けて良かった~。ありがとう、ローラ。

cw20110212bb.jpg


この日は、テ・アナウという小さな町に宿泊。
トレッキングから帰ってきた夕方からものすごい雨。朝まで雨が続いたので、この日に行く予定の遊覧船クルーズを心配したのだけど、さすが最強晴れ女っ!!
いきなり晴れだして、なんと大きな虹っ。
泊まっていたホテルの部屋から庭に出て写真を撮ったのだけど、見えるかな~?
2重になってるんだよ。

cw20110212c.jpg

朝まで雨が降り続いていたとは思えないほど、急激に晴れだす・・・。
ホテル前のテ・アナウ湖。
ほんとに1時間前まですごい雨だったの??っていう景色でしょ?

cw20110212d.jpg


さて、第一弾はここまで・・・。
ものすごく綺麗な景色の画像は第二弾で・・・。
 
きりり #-
 
”待ってました”のNZ物語。空気が澄んでいる場所なんだろうな。
湖畔に宿をとり、トレッキングで自然と親しみ、晴れ女力で雨雲を吹き飛ばしWELCOMEの虹を呼び寄せる。最強の女王だなっ!
続きが楽しみ。(食べ物の写真もだしておくれよ)待ってるよー

ややちん #-
 
うぬ?これ以上、ものすごく綺麗な景色とな・・・
なんちゅうか、もう体中の細胞が目を覚ましそうな感じがするわ~。
特に上から5枚目、、あ、素直な気持ちよ・・

私も「この旅でどんなものを食したのか?」気になるーー。
次回も期待してま~す!
madame #-
 
■きりり

今回、旦那が一番感心してたのが「天気」。
まず空港到着したときの現地係員が「昨日までずっと雨だったんですよー。今日はいい天気でよかったですねー」と・・・。
そして虹を見たテ・アナウの町もそうだったし、たぶん第二弾で書く遊覧船クルーズも馬鹿みたいに天気でそこのスタッフも「前日まで雨だったから水量の多い滝も見れて、それなのにこの晴天。こんな日は年に何回もありませんよ」と・・・。
何度この台詞を言われたことか・・・・。
最後に出国したクライストチャーチなんて、私が飛行機に乗り滑走路をゆっくり動き出したら、途端に大雨が降ってきたの。どんだけ晴れ女なんだ・・・とね。
海外旅行に行くならmadameと・・・・。晴れはお約束できまっせ。

食べ物系はその3ぐらいでお送りする予定よ。待っててね。
madame #-
 
■ややちん

え?細胞が目を覚ました?
そうでしょう、そうでしょう。この派手なおばちゃんっぷりはすごいでしょう。関西のおばちゃんのトラシャツには負けるけど、色なら負けへんでー(笑)。
鬱蒼とした原生林で迷子になっても見つけてもらえるように、派手なレインウェアにピンクのシャツ。オレンジを基調とした色とりどりのリュック・・・と、どっから見ても派手な色ってのにしたの。
NZって結構年齢層高い人が旅行してるので、間違いなく目立ってた。いや、浮いていたといった方が・・・・・・・i-229


えっと・・・第二弾は氷河系をお送りする予定です。(^^;;)

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。