スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふたりソウル②~おいしい韓国をいただきます 
さて、今日は会社を休んでいるので、続けざまにUPDATEです。

多少の辛さのものは平気になったとはいえ、辛いものが結構苦手な旦那。
でも韓国の食事といえば辛いものっていうイメージ。
うむ・・・どんなところに連れて行こうか。
迷ガイドは悩みどころ。


とりあえず、韓国焼肉に連れていきますか・・・
一応クチコミなどを参考にして、いつも混雑するという焼肉店へ。

cw20110920.jpg


早めに店内に入ったせいか、店内はガラガラ・・・
「あれれ、、、店を間違ったのか?」
ところが7時を過ぎると次から次へとお客さんが店内へ。
日本のクチコミサイトに載ってたので、てっきり日本人ばかりかと思えば、逆に日本人の客は
私たちともう一組だけ。あとは韓国人サラリーマンらしき人たちばかり。
うん、うん・・・現地の人に人気の店はおいしいに違いないぞ。

ところが現地の人はあまり肉を頼まない。
代わりにどのテーブルにも乗っているのが、黄色い卵色の生麺。

店長らしきおばさんに聞く。
「あれ、何?」

チョンゴルグクスだという。
聞けば、毎日店で手打ちをしている麺と3日間じっくり煮込んだ牛骨スープだそう。これと野菜類を入れて煮込むうどんのようなもの。手間がかかるので採算に合わないというその麺を求めて、現地の人がせっせと通うのだそう。

それを聞けば頼まない理由はなし。
お肉でお腹一杯だったはずの胃袋に、するすると・・・。
麺はモチモチして、3日煮たはずのスープはコクはあるもののくどくなくあっさり味。
これだけを食べに来るお客さんの気持ちもよーく分かる。

この店に来たら絶対注文すべし。

cw20110920b.jpg


そして、どのガイドブックにも
現地で配られているフリーペーパーの地図にも
そしてソウルをナビゲートする超有名サイトにも
どこにも載っていない店。

それが、チュクミのお店。
一度、飛行機の中で隣席になった韓国人のおじさんが、メモに走り書きをして教えてくれたお店で、今回は再訪。

cw20110920a.jpg

チュクミとはイイダコのこと。
このイイダコとたっぷりのもやし、そして秘伝のたれを混ぜて鉄板でジュウジュウ焼いて食べる。
醤油漬けになったエゴマの葉に、わさび醤油をちょいとだけ付けたチュクミを巻いて食べるとこれが美味。

ここはチュクミの専門店なのでメニューはチュクミしかない。
大きさが大中小と分かれているだけ。
もちろん、お客の中に日本人客は私たちだけ。日本語メニューも日本語ができる店員もいない。
決して小綺麗とはいえない店内だけど、そこがまたディープでよろしい。
日本人観光客があふれかえる店にだけは、絶対絶対したくない店。

チュクミを食べ終わったあと、フライパンに残ったタレにご飯と韓国のりなどを混ぜて
食べる「ポクムバー(チャーハン)」。これがまた絶品!!

うっかり 旅行雑誌の編集者に見つかるのが嫌なので、あえて店名は書きませんが、
韓国旅行の予定があり、ぜひ食べてみたいって方は個別に教えますのでご連絡を!

ここのケランチム(韓国風茶碗蒸)も絶品。チュクミを注文すると自動的に出てきます。



まだまだいきますよ!
次は、カンジャンケジャン(わたり蟹の醤油漬け)。
これはもう!!絶品でした。

cw20110920d.jpg

そして、その蟹みそにご飯を入れて食べると・・・・
くーーーーーーーーーーーーーーーー!!

cw20110920e.jpg


このカンジャンケジャンと一緒に食べたのが、ヘムルタン(海鮮鍋)。
色々海鮮がいっぱい入ってるお鍋。
スープが海鮮のだしで、、、旨っ!

cw20110920f.jpg

ぐつぐつ煮えだして、何度か口に運んでいると・・・
この店のサプライズが待ってました。

cw20110920g.jpg

ちょっと分かりずらいかもしれないけど、生きたタコをそのまま持ってきて鍋に入れていくのです。
アジュマ(おばさん)の手に張り付いて、離れようとしないタコさん。
それを無理やりハサミで足をチョッキンチョッキン。
あっという間に、バラバラ死体になったタコさん。南無阿弥陀仏。。。。。

おかげでさっきまで生きてたタコさんは、歯ごたえもあって最高に美味。



今回はそんなに辛いもの・・・じゃない料理がほとんど。
旦那はソウルのおいしいものをたっぷりと堪能したご様子。


各お店の名前は今回はオープンにしてませんが、ご希望あればお教えします。
全てソウル・明洞エリアです。



チャルモゴッスムニダ~(ごちそうさまでした)
 
ややはん #-
 
タイトルシリーズが、セレブな奥さま御用達の雑誌みたいでおされだ~!
北村は次回、私も行きたいなと思っていた場所なの。
門扉の中はまんま韓国ドラマの世界なんだね。いいなぁ。

そしてそして、何よりも「チュクミ」のお店の名前と場所を個人的に教えてくだされーー。
旦那さんもたのしんでくれてよかったね。
ややはん #-
 
続けざまに失礼します。
その焼き肉屋さん、行ったよ行った!!
記憶の糸口をたぐりよせてみれば・・・私はコムグクスを食べたんだ~。美味しかったよ。
私が訪れた時も、地元率高しでした。数ある飲食店でセレクトがかぶるなんて、なんか不思議~!
madame #-
 
■ややはん

褒められて伸びるタイプなので(豚もおだてりゃ木に登るだろっ!っていうツッコミ・・・真摯にお受けします)、「ふたりソウル」というタイトルのフォトブックを作っちゃった。てへへ。
届いたらチラ見させてあげるね。

えー?
同じ焼肉屋さんに行ったの?
すごいね、すごいね。あんなに焼肉屋があるのにねぇ~。隣がめちゃめちゃ有名な焼肉屋じゃなかった?

チュクミの店は個人的にメールするね。絶対絶対ややはんは気に入ると思う。片言の韓国語と身振り手振りで注文してね。旨いよーー。
ややはん #-
 
チュクミのお店、よろしくお願いしまーーす。

そうそう、私が行った時、日本語が堪能なアジュマ店長に「○○よりウチを選んでくれてありがとーー」
と歓迎された記憶がよみがえってきたよ。

フォトブックも見せてくだされ~。
madame #-
 
■ややはん

そう!そう!日本語堪能アジュマだった。でもあのアジュマは英語も堪能だったよ。外人(←韓国では私も外人だけど)相手にペラペラだった。すごいアジュマ店長だったな。

もしや近々韓国訪問???
私の説明で分かるか怪しいもんだが、なんとか説明するメールするよ。お待ちあれ。
まゆげうさぎ #-
かんじゃんけじゃん 
食べたことないけれど、ずっと注目してたよ~かにみそ~くー(>_<)

新大久保だけじゃ満足できない。

いきたいな~韓国。

次はだんなではなく、私と(^_-)-☆
madame #-
お久しぶり 
■まゆげうさぎちゃん

お久しぶりねぇ~。元気だった?
カンジャンケジャンは美味しいのよー。辛~いヤンニョムケジャンも美味しいんだけど、今回食べた醤油漬けのカンジャンケジャンは美味しかったぁぁぁ。
カンジャンケジャンは今をときめく、”グンちゃん”こと チャン・グンソクも大好物なんだって。
生ものだからね。やっぱり韓国で食べるのが一番だと思うわ。
ソウル・・・ホント楽しいからね。ぜひご案内したいわ。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。