スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Covered Mustard jar 
Mold Number:400/156

cw20071101.jpg

まだか、まだか・・・とワクワクするのは、落札したコレクティブルスが届くまでの時間。ちゃんと無事に届くのか・・・という不安と早くお気に入りの商品に会いたい・・・という期待とが入り混じったワクワクドキドキ感です。

このマスタードジャーは、本当に小さなマスタード入れ。本来はお揃いの小さなガラス製のスプーンがついているものですが、残念ながら購入したこれにはついていませんでした。元々このマスタードジャーを目的に落札したのではなく、違うものを目的に落札したのですが、出品者が複数ピースのセットとして出品していたので、これはその中のひとつなのです。

目的のものは割れもカケもなく我が家に到着したものの、残念ながらこのマスタードジャーはCandlewick(=CW)の一番の特徴であるビーズ部分の足がぱっかりと割れ落ちていました。
cw20071101a.jpg

この写真では見えませんが、一つのビーズ部分は完全に取れ落ちて接着剤でも止めることができませんでした。でもそのまま捨てるには忍びなくて出来る限り接着して飾っています。
新品の商品を購入した場合、こういう破損などは交換に応じてくれますが、アンティーク・コレクティブルスは代用がきかないので、ただただ残念だと思うしかありません。そこがアンティークをコレクションする難しさと楽しさなのかもしれません。唯一無二というところでしょうかね。

今まで何度も取引をして、商品が割れていたのはこのジャーを入れて2度。確かに割れていたものを見た瞬間は悲しい気持ちになりますが、これもアンティーク集めの試練と思って大騒ぎはしません。送ってきた相手にもクレームは言いません。きっとおばあちゃんが大切にしまってあったのに・・・、海の向こうでは綺麗なままだったのに海を渡ったばかりに壊れてしまって・・・と思うと申し訳ない気分でいっぱいだからです。


そして、
人間というのは知恵と勘が働くものですね。
全く損傷のない綺麗なビーズが縦に並んだこのマスタードジャーのフタ。ふとシュガーポットにぽんと乗せてみました。
cw20071101b.jpg

あら、ピッタリ。

しかもスプーンを入れるための切れ目(?)がフタについているのも、シュガーポットに丁度いい機能じゃないですか・・・。
割れてがっかりしていた私への慰めになりました。こんな発見や経験もアンティーク集めの醍醐味でもあるんだなぁと、棚の扉をあけてはしみじみと眺めている・・・今日この頃です。
 
きりり #-
 
あーー。つい最近私もマスタードジャーが欲しいなあと、探していたところなのよ。やっぱり、この形ってかわいいわよね~。

>海の向こうでは綺麗なままだったのに海を渡ったばかりに壊れてしまって・・・と思うと申し訳ない気分でいっぱいだからです。

ちょっとじーーんとしたわよ。縁があって海を渡ってきたんだもんね。

madame #-
この 
フタが可愛いよねぇ。(うっとり)
キャンディディッシュ(ん?ディッシュ?ポットか?)もフタ付きで可愛いから欲しいの。中々出会えないけどね・・・。


あら・・・じーんとさせちゃった?
でもねぇ。何十年も綺麗なまま保存してあったのに私が欲しがったために・・・と思うと、ちょっとこの子たちに申し訳ないって感じでねぇ。縁あって渡ってきたのに、悪縁だったな・・・なんてね。
Aki #-
マンモスクレーマーたちに聞かせてやりたい 
割れたものが到着したら、送り主に対して腹立たしく思うのは、誰もが抱く感情だと思うのに、マダムの発想は素晴らしいね。
たしかに、送り主も配慮したのに長旅の間に傷ついちゃったってことの方が多いんだろうけど、でも、そこを考えて、もっとしっかり梱包してくれれば・・・って思っちゃう。

相手の人じゃなくて、自分の我侭のために傷ついてしまった物に思いやれるっていうのは、素晴らしい。
我が身のことしか考えない、もしくはそれでストレスを発散させているような人たちに聞かせてあげたい言葉だね。

その気持ちに報いてくれるかのように、別々のもののサイズがピッタリだったっていうのが、これまた素敵じゃない。
madame #-
・・・えっと・・・ 
いや、私、実は・・・えっと・・・
結構「マンモスクレーマー」です、、、はい。
もし、ネットショップで新品のグラスとかを買って割れていたら、速攻でクレーム入れます。「割れてたぞ、こりゃー!!」ってね(笑)。

でも、この子たちは別格なんだなぁ。
色んないきさつがあって取引相手の家にあったんだろうけど、アメリカには「エステートセール」なんていって亡くなった人の遺品を遺族が整理するために商品を売るセールがあるんだけどね。その中のひとつ・・・なんてことも可能性としてはあるのね。・・・とすると、お婆ちゃんやお母さんがひとつひとつコツコツと集めて大切に大切にしてきた物かもしれないってことなの。
それが、私の手元に来る間に壊れてしまったなんて・・・と思うと、本当に申し訳なくてね。売る人にはさほど愛着がないと思うけど(=だから売れるんだろうし)、でも元のオーナーには気持ちがあったと思うのね。そこを思うと別格なんだなぁ。
そこらへんがネットで新品の商品を買ったりするのと違うと思うんだ。

ふふ・・・。
こんなこと書きながら、また棚を見てうっとりとして「貴女たちは無事来れてよかったね。」なんて語りかけちゃう、秋の夜長でございます(*^_^*)。
Y&S #-
悲しい。。 
初コメです。
私も最近(1ヶ月前)になってコレクタブル?なんて言葉を知って、ものすごく興味が沸いて、ものすご~い勢いで集めだしています。この1ヶ月で私のCANDLEWICKは90個にもなろうとしています。かれこれ、ここアメリカに住み始めて今年で12年目ですが、もう少し早く集めていたら。。(もっと安く手に入れることができたのに)と後悔しています。だって、6年位前はOLD PYREXなんかは1~5ドル位で手に入ったそうです。私も、今までに2回ほど、中のものが割れて届いたことがありました、幸い、買ったのも全てにインシュランスをつけてあったので、買った値段の分はお金が返ってきましたが、割れたものは帰ってこないことにかなり落ち込みました。それでも、買ったものが届いて開けた瞬間の感動が忘れられず、懲りずに集めています。本当に、眺めているだけで癒されるんですよね。。
madame #-
はじめまして 
Y&Sさん、はじめまして。

す、すごいですね・・・1ヶ月で90個ですか・・・。すごいスピードですね。
でもお気持ちよーーく分かります。このキラキラ&つぶつぶの魅力は魔力のようですものね。

買ったものが届いたときに「無事でいてね」と祈りながら包みを開ける瞬間が一番ドキドキします。それもまた集める楽しみ・・・ですかね。
Y&S #-
そうそう 
忘れていたのですが、私のところには今、クリーマー&シュガーのセットが3つあるのですが、初めに購入したもののセットには ↑のように、マーマレード入れの蓋がついて売られていました。このセットじゃないのに。。と思いましたが、コレクターのみなさんがいろいろアレンジして使っていられるのを見て、蓋付?ラッキーかも?って思って買ってしましました。
madame #-
万国共通 
・・・なんですかね?
なんだかもったいなくて、残ったフタだけをちょこんと乗せてしまったまま戸棚にしまってあったのでしょうね。
そんなシュガーポットがY&Sさんの手元に来たのは、やはりラッキー♪だったんだと思います。いつかポロリとマスタードジャーのフタが割れたときの予備と思えばお得ですよね。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。