スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、極楽極楽・・・ 
大きな声じゃ言えませんが、夫婦で接待受けてきました。・・・・・温泉で。

といっても、旦那はこの接待を受けたからといって、どこぞのお役所の事務次官のように何か重要な決定事項に影響を与えたり、見返りに何か便宜をはかったりするようなそんなポストにもいませんし、そんな偉い人間でもありませんからご安心を。
ワケあってその理由は言えませんが、とにかく交通費込み、老舗高級旅館宿泊費込み、観光ガイド付き(運転手さん込み)・・・・という致せりつくせりの旅行なのでした。

泊まった旅館はそれはそれはいい部屋。老舗の旅館で、ソファに座りお茶とお菓子を頂きながらチェックインをさせてくれる・・・という、なんだか自分がすごいVIPになった気分です。板長さんお任せの懐石料理が部屋に並び、鮑の踊り焼きや高級和牛、新鮮な鰤のしゃぶしゃぶなど普段なかなか食べられないようなものがどんどん胃袋に入っていきました。

お風呂も最高。
2つの大浴場、2つの露天風呂を全て堪能。
こんな感じ。(ポチっと押すと大きな画像で見れます。)
furo.jpg


シアワセ~



お酒好きの我が家を知ってか知らずか、ウィスキー工場見学にも連れて行ってもらいました。

cw20080120a.jpg


高級ウィスキーのテイスティングもバリバリ・・・。
色んなウィスキーを飲んでほろ酔い気分。
楽しいぃぃぃ。

そして、こんな峡谷も見に行き雪景色も堪能。

cw20080120b.jpg


言うことありませんなぁぁぁ。


そして、、、、、、
私に残ったものは、体重計の針が驚くほど右にふれたショッキングな数字だけ。。。
がびーーーん。
ま、いっか。こんな経験は滅多にできることじゃないし。
 
Aki #-
命の洗濯 
たまに現実を離れて贅沢を味わうのはいいよね。
寒いのは嫌だけど、せっかくなら雪景色も観たいもんだし。

露天風呂で眺める雪って、私は好きだな。
madame #-
>Aki嬢 
降り積もった雪を見ながらの露天風呂。
まさにその状態だったの。
お湯は温かいのに顔は冷たくなって・・・・でも、そのお陰で長湯できるし・・・。

贅沢させていただきました。

こんな温泉には入りたくても入る場所がないきりり嬢が、ハンカチの端をきりりと噛んで「きーー」とくやしがっているでしょう・・・な。
きりり #QSVbZ7ek
 
「きーーーーーーーーーーっ!!」ハンカチがズタズタになる前に歯がボロボロに・・・・
こんなに素敵な旅・・老舗高級旅館にものすごい料理、観光ガイドさんつきの大名旅行・・しかも接待される側。
「女帝かよっ!」
雪の峡谷の写真は墨絵みたい。うっとり・・・
madame #-
>きりり 
ぬはははは・・・・

「女帝」「女王様」「お姫様」「お嬢様」・・・なんとでもお言い!!(・・・え?段々若くなってる?気のせい、気のせい)

温泉だけはアメリカにゃぁ負けないよー。誰もが湯船に入ると「ふぁぁぁぁ、、、、極楽、極楽・・・」って言うからね。
一時帰国した際は、温泉三昧しておくれ。それまでに「温泉貯金」しておくんだよ。
やや #-
 
あらら、、、ものすっごく豪華な流れるプールみたいな露天風呂だねぇ。。。
(発想が貧困ですんまそん・・・)

温泉→美味い食事+アルコール→卓球 
これぞまさしく日本における温泉旅行の王道!
うらやましすぎるっ!!
madame #-
>やや吉っつぁん 
卓球はね。かなり盛り上がった。
はだける浴衣。ほとばしる汗。
なぜか運動不足の足は筋肉通。

やはり、正しい温泉の楽しみ方だよね?
温泉→アルコール→卓球っていう図式は・・・。

ふふっ。結構ウマイよ、私。



秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。