スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
語学力の無さがもどかしい・・・ 
久々にアメリカ人と喧嘩しました。
アメリカに居る頃は、「届いた荷物を預かってるはずだ」「いや、来てない」なんていう押し問答でアパートのリーシングオフィスの人と喧嘩したり、「いったいいつになったら私の運転免許は来るんだよー!」とDMV(陸運局みたいなもの)の窓口で言い合ったり・・・と、つたない英語を駆使しては怒っていたものだけど、まさか日本でもこんな思いをするとは・・・。
ま、喧嘩といっても直接対峙したわけではなくメールでなんだけれど。。。


アメリカのオークションサイトでお目当てのものを見つけて、なんとか落札。これがたぶんアメリカで買うとしても破格の値段で落札をしてしまい、出品者としてはガッカリの値段だったんでしょうな。でも、そこがオークションの本来の姿。出品者が思いもかけず得をしたり、落札者が市場価格より安く落札したり・・・。

オークションをやったことのある人なら理解していると思うけど、日本の最大手のオークション「ヤフーオークション」だと、まず送料は落札者持ちが99%で事前にいくらですよーと表示している場合がほとんど。しかも送料以外に手数料を取ることは私が知る限り「ない」のが普通。なので梱包材や緩衝材などの料金は出品者が負担している・・・というわけ。さらに親切な人になると、コンビニなどで発送するのではなく郵便局に持ち込みをしてわざわざ100円引きにしてくれたりする人まで・・・。

これに対してアメリカのオークションだと送料以外に「ハンドリング」といって「梱包手数料」なるものを取るのが普通。これが出品者によって異なって1ドルとかだったり5ドルだったり様々・・・。まーここが日本とアメリカのオークションの大きな違いだけれど、梱包材も無料ではないのだからこれを上乗せすること自体にあまり不快感は覚えない・・・・常識の範囲ならば。
ところが私がメールで喧嘩した相手は、法外と思える送料&手数料を請求してきたので私は納得できなかった。おそらくこの「手数料」で本来欲しかった商品の金額分を穴埋めしようとしている・・・とふんだ私は、抗議のメールを出すことにした。
「私が落札した商品はとても小さなもので、あなたが指定したこの方法じゃなくてもっと安価に送れるAという方法があるのでそちらを利用して欲しい。そして再度請求書を発行して欲しい」と・・。

それに対して彼はというと、速攻~でメール返信。
「安価な方法で送ると、紛失したり壊れたときが大変だからこの方法でしか送れない。それにこれは石のように重いものだからあなたの指定した送り方では送れない」・・・と。

なぬ?石のように重いとな?1ポンド(450g)もない小さなものだよ。
やっぱりここは引き下がれない。もう一度メールしてみよう。
「紛失などあなたが心配してるのは分かった。Aという方法が駄目なら荷物追跡もできるBという方法もあるのでこれじゃ駄目なのかい?あたしゃ、壊れていてもアータを責めたりしないよ。Bという方法も検討してみてもらえないかい?ここのサイトのこのページに料金のってるんだけどね。」

またもや速攻レスの彼。
「だから、僕は言ってるでしょ?これ以外はできないって!!!!!!!」

カっチ~ン!!!
なんだ、そのビックリマーク(!)いっぱいの捨てセリフは。なんか私の英語が悪かったのか?
しかしこっちも頭にきちゃったもんね。売り言葉に買い言葉。
「あんた、不親切だね。そんな人は今までいなかったよ。なんでそのCという方法でしか送れないのかい?」

そしてまたもや速攻レスの彼。
「アンタが入札する前に送料を聞いてこなかったのが悪いんだよ。Cという方法以外では送る気ないからね。もう日本になんか送らないよ。」

・・・・え。なにそれ。
そりゃ、確かに入札前に送料を聞かなかったよ。でも今までの経験上、だいたいの送料の値ごろ感は知ってたから、聞かなかっただけでさ。こんな法外な値段をふっかけてきたのはアータが最初だよ。
だったらもうそんなもの要らないよっ!!けっ!!・・・・・・と言ってしまいたかったが、やはりこれは念願のブツ。日本で手に入れにくい上に、法外な送料をふっかけられたとしても日本で買う金額の半分から1/3程度。ここはぐっと我慢するしかないのか・・・・・・。


私もアメリカに住んでいたので、アメリカの郵便事情の悪いことは百も承知している。まずはとにかく窓口に並ばされて時間がかかる郵便局。アメリカ国内に送るなら、自宅のパソコンで料金を調べてカード払いにすれば、毎日配達にくる配達員に手渡しして持って行ってもらえる。ところが海外に発送するとなれば、窓口に並び、国際便用のフォームに発送元と発送先の住所、そして重量とコンテンツの名称や価値(価格)を書き込まないといけないから面倒この上ない。それは分かる。充分分かる。だからってこのハンドリング料金は法外だろう。
だいたい、その面倒なのがイヤなら「海外発送OK」なんてしなければいいし。。。。

あーだ、こーだとやり取りした結局、私は彼の言うがままの料金を支払って日本まで送ってもらうことにした。
私が今までオークションで接してきたアメリカ人がたまたまやさしい人ばかりだったのか、それとも彼のような人が普通なのか・・・・。
日本・アメリカの両国でオークションを何度もしているけど、こんな風に気分を害した取引は初めてだった。私にもう少し語学力があって折衝能力があったなら、こうはお互い気分を害することがなかったのやもしれぬ。

・・・が、物に罪はなし。それでもその落札した可愛いブツが届くのを心待ちにしている私。
(万が一壊れて届いたら、めっちゃ怒ってやる!)←以前言ったことと真逆なこと言ってるね。
いわく付きのこのブツが届いたら、またUPしよっと。
某有名店のプリンを真似てみる 
20オンス・・・だいたい500ml強ぐらいでしょうかね?
その20オンスのFireKingのピッチャーを手に入れました。高くて中々手に入れられなかったのに、いつも購入させてもらっている海外在住の日本人の方から、(日本からしたら)超激安で譲っていただきました。本当にありがとーございます!!>Mさん。

ミルクやジュースを入れてテーブルに出せば、ちょうど2人分ぴったり。電子レンジOKだからチン♪すれば、温かいミルクもOKという優れもの。
あーー、なんて素敵なの??うっとり、うっとり。

cw20080129.jpg


こんなステキなミルクピッチャーを買ったんだから、ミルクを使ったデザートを作らなきゃね・・・


・・・というわけで、

続きを読む »

超超超かばい~ 
cw20080118.jpg


フランスのアンティークミルクグラス『Arcopal(アルコパル』。
インターネットショップで見つけて、一目ぼれ。即買いでした。
超かわいーです。
ファイヤーキングの「プリムローズ」や「ハニーサックル」などの柄物ミルクグラスとはまた違った魅力。なんとも言えないこの花柄、そして色彩。さすが、芸術のフランスです。

大きさはファイヤーキングのカスタードカップと同じくらいの小ぶり。
これでプリンとか作ったら可愛いかも。これでふわふわのカップケーキも可愛いかも。

かわいーなー。うっとり。


おっと。こんなところでうっとりしている場合じゃないぞ。
これから新幹線で仙台に行くの。今日は友達宅泊→明日は温泉♪うっきー♪
成果なのかくたびれ儲けなのか・・・? 
cw20080113.jpg


日本最大の国際展示場「東京ビッグサイト」。ここで国内最大級の骨董市(展示会名:骨董ジャンボリー)が行われると聞いて、もちろん行ってきました。
500店舗ぐらい出店されるというので、期待に胸をふくらませ・・・・。

うーーん・・・。

ほとんどのお店が「和骨董」を扱うお店。もちろん欧米のアンティーク雑貨や食器を扱う店もあるはあるんだけど、、、、値段が。。。。ね。
確かに、インターネットや実店舗なんかで買うよりは安いのかもしれないけど、オークションや海外の人から安い金額で買っている私としては、「これは・・・安いのか?」って感じに思えちゃって。。。わざわざ交通費かけて入場料払って、なおかつ買ったものを重い思いをして持ち帰る意味ってあるのか・・・って思っちゃってね。ほとんど買わずに帰りました。埼玉で開催されたアンティークショウの方が店舗数は少ないけど安い店が多かった気がするなぁ。

これは、アンカーホッキング社のレースエッジのコンポートとプレート。
レアな商品でもなくめずらしくもないものなんだけど、レース部分が綺麗だしペアで使ったらおもてなしにいいかな・・・と思って買いました。さらに小さなコンポートもあったけど、少々黄色してたのでこれは買わず2点だけお買い上げ~。
もちろん値引き交渉は忘れずに2000円を引いてもらいました。
これ以外にジェイドのものを1点買ったけど、それだけでそそくさと退散!


今回の収穫としては、きりりちゃんに教わった超レアなプレート「RWフットボール プレート」の本物を見れたこと。1枚25,000円の値段がついていました。

「値引きしますよ。どうですか?」

いや・・・・、20,000円引きなら買うけどさ。。。そんなの有り得ないだろうしな。
何も聞かずに立ち去ったのは言うまでもありません。


やっぱり地道に探すしかないかもねぇ。。。
おいちゃん、おいしかったよー! 
よく行く飲み屋のおっちゃんに、「これ、超おいしい♪」とカウンターで叫んだら、作り方を教えてくれました。「なますもいいけど、これも旨いよ」だって。
『切り干し大根と人参のゆずなます』とでも言えばいいかな?
切り干し大根を、お酢を入れたお湯で数分茹でて(最後の20~30秒に人参を入れると一緒に茹でられる)、ゆず果汁をたっぷり入れた三杯酢につけるだけ。
さっぱりしてて、おいしいよ。日持ちするので常備菜としてもOKよん。

cw20080108.jpg



・・・え?
ふふふ・・・・気づいちゃいました?
っていうか、ゲットした報告したかっただけじゃないのかって??
ピンポーーン

はーーい。じゃぁ、ちゃんとご紹介しちゃいまーす!!

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。